90:


その時、いきなり後ろから声が掛かりました。

「あ〜る〜、何やってんだぁ? そんなトコで」

クラスメイトの男子の声でした。
R君は目をきょろきょろさせてから、わたしに合図するように右手を軽く挙げ、
走り去りました。

わけがわからずその場に取り残されたわたしは、
R君がクラスメイトの男子と肩を並べて、裏門から出ていくのを見送りました。

いったい今のは何だったんだろう……?
わたしは疑問に首を傾げ傾げ帰途につきました。

春休みに入っても、R君の態度の不可解さは、
喉と胃のあいだに引っかかった食べ物のように、気になっていました。

手紙を書いてお兄ちゃんに相談しようかとも思いましたが、
やっぱりお兄ちゃんが帰ってきてから話そう、と考え直しました。

それに、休みのあいだにR君と学校で会うことは無いので、
大事な用件なら、R君から電話が掛かってくるだろう、と思いました。

数日経った夜、電話機が呼び出し音を立てました。
わたしは、やっぱり掛かってきた、と思いました。

「もしもし、R君?」

「…………俺だ」

電話してきたのは、R君ではなくてお兄ちゃんでした。
お兄ちゃんから電話が掛かってくる可能性を失念していたことに、
わたしはあわてました。

「あ、お兄ちゃん?
 ごっごめんなさい。今日はずっと、R君のこと考えてたから……」

「なんだとぉ? ……お前、R君と付き合ってたのか?」

「えっ? 違うよ。どうして?」

「R君からよく電話掛かってくるのか?」

「まだ1回しか掛かってきてない。クリスマスイブの晩だけ」

「……どんな話したんだ?」

「……う〜ん……何も用事が無かったみたいだったから、
 別に話はしてない……」

「ん……まぁいい。それより明日そっちに帰るから。
 夜7時には家に居てくれ」

「うん、わかった。晩ご飯作って待ってる。
 R君のことで、お兄ちゃんに相談したいと思ってたの」

「そうか……その話は明日な。
 じゃ、今日はおやすみ」

「おやすみなさい」

お兄ちゃんにしては、いやに素っ気ない電話でした。
お兄ちゃんでも機嫌が悪い時はあるんだ、と思いました。

その翌日、わたしは時間を掛けてカレーを煮込みました。
午後7時になると、待ちきれなくて、外に出てうろうろしました。

玄関先で行ったり来たりしていると、足が疲れてきました。
お兄ちゃんの悪癖を、わたしはまだ理解していませんでした。
お兄ちゃんは、待ち合わせの時間にルーズだったのです。

遅いなぁ、と意気消沈しかけたところに、声が掛かりました。

「○○! どうしたんだ? こんなとこで」

わたしは振り向いて、はしゃいだ声を上げました。

「お兄ちゃん! おかえりなさい。
 待ちきれなかったの」

「ん、ただいま。
 ……髪、切ったんだな」

「うん。変、かな?」

「いんや、可愛いじゃん。
 前より短くなって、首が細く見える」

お兄ちゃんは右手を伸ばして、わたしのうなじをさわさわしました。

「んは」

わたしがおかしな声を上げたので、お兄ちゃんはあわてて手を引っ込めました。
わたしは、首が弱いのです。

「ま……こんなところで立ち話しててもしょうがない。
 早く中に入ろ」

お兄ちゃんと向かい合って食卓に着き、カレーライスを食べました。
食べているときは、あまり会話が弾みませんでした。

食後の紅茶を淹れて、お兄ちゃんの前にティーカップを置くと、
話を始める雰囲気になりました。

「それで……相談っていうのはなんだ?」

「うん……R君がなに考えてるのか、よくわからなくて」

「なんでお前が、そんなこと気にするんだ?」

そこでお兄ちゃんに、卒業式の後の一件を話しました。

「あの裏庭の木の下に……呼び出されたのか?」

「うん」

「うんって……」

お兄ちゃんは、なにか珍しい動物でも見るような目で、わたしを見ました。

「○○、ホントに、見当も付かないのか?」

「うん」

「はあああああ……」

お兄ちゃんは、長いため息をつきました。


んは
2016-04-29 16:41:01 (2年前) No.1
残り127文字