159:



わたしはお兄ちゃんのこぐ自転車の荷台に横座りして、駅までの道のり、
お弁当の入った鞄を揺らさないように、お腹に抱えていました。

外食だとわたしに食べられないメニューが多いので、
それぞれでお弁当を作って、持ってくることになっていました。

お兄ちゃんが早起きしてどんなおかずを作ったのかは、
「開けるまでのお楽しみだ」と言うことで、教えてもらえませんでした。

駅前の駐輪場を出て、待ち合わせ場所が見える所まで歩いていくと、
UとYさん、VとXさんの4人が、立ち話しているのが見えました。

Vがわたしに気がついて、「○○ちゃーん!」と大きな声をあげ、
駆け寄ってきました。Vは「あー、お兄さんだー!」と言って、
進路を変えました。

わたしはVの意図に気づいて、お兄ちゃんの前に出ました。
お兄ちゃんへの衝突コースに乗っていたVは、
立ちはだかったわたしに、相撲の立ち合いのようにぶつかってきました。

わたしの目論見では、Vを抱き留めるはず、だったのですが、
軽量級のわたしは、なすすべもなくそのまま押しまくられ、
後ろのお兄ちゃんに抱き留められて、やっと止まりました。

「お、おい……だいじょうぶか?」

わたしとVとの、華々しすぎる再会シーンに度肝を抜かれたのか、
お兄ちゃんの声はうわずっていました。

「お兄さんはじめましてー!」

「お兄ちゃんありがとう、わたしはだいじょうぶ。
 V……ちょっと」

やっと止まったVを、わたしは抱きついたまま引きずっていきました。
道の端に寄って、耳打ちしました。

「V……あなた、人見知りするんじゃなかった?」

Vは初対面の人の前では、借りてきた猫のようになってしまうのです。

「えー? だって○○ちゃんのお兄さんなら他人じゃないでしょー?」

「……そういうことは、小さな声で言って」

Vはひそひそ声で抗議してきました。

「でもどうしてさっき邪魔したのー?」

「お兄ちゃんに抱き付いたらダメ」

「えー○○ちゃんばっかりずるいよー」

そんな羨ましいことは、わたしでも滅多にしていません。
わたしはVの肩に顎をのせて、囁きました。

「ダメなものはダメ。今度お兄ちゃんに抱き付いたら……コロス」

Vは黙って、首をカクカク縦に振りました。
抱擁をといてお兄ちゃんの所に戻り、Vを紹介しているあいだも、
お兄ちゃんはまだぽかんとしていました。

Uたち3人の所まで歩いていって、みんなで名乗りあい、
デパートに向けて出発しました。

人通りが多かったので、わたしたちの行列は縦に長くなりました。
一番後ろにいたわたしに、Uが近づいてきて、耳許で囁きました。

「さっきはオモロイもん見せてもろたな。
 アンタもVの行動パターンが読めるようになったか」

「…………」

「そんなブスっとせんとき。
 そやけどアンタの兄ちゃんカッコエエなあ……。
 うちの兄ぃと交換してくれへんか?」

「いや」

と即答しました。Uは「けち」と言って離れていきました。
今度はお兄ちゃんが隣に来て、怪訝そうな声で言いました。

「Vちゃんって……いつもああなのか?」

「いつもは……だいたい変だけど、今日は特に変みたい」

「そうか……? でも、飽きなくて面白いだろ」

「うん」

「混んできたな、手、つなぐか?」

いつもお兄ちゃんは人混みで、黙ってわたしの手をとってくれるのですが、
今日はわたしの友達が居るせいか、気を遣ってくれているようでした。

前の方に目をやると、VはXさんの腕にぶら下がっていました。
Uは何を話しているのか、Yさんと背中を叩き合っていました。

たまには、これぐらい良いよね、とわたしは内心思いながら、
Vにならってお兄ちゃんの腕をとり、胸に抱きました。

「お、おい……」

お兄ちゃんはビクリと身をすくめましたが、振り払いはしませんでした。

「Vもやってる」

腕にぶら下がってくっついて歩いてみると、身長差があるせいか、
ひどく歩きにくいことがわかりました。

でも、お兄ちゃんと腕を組んで歩いていると思うと、
全身の血が沸騰したように熱くなってきて、汗ばんできました。

デパートに着く前に、お兄ちゃんが「歩きにくくないか?」と聞いたので、
わたしは「やっぱり、歩きにくいね」と言って腕を放しました。
本当は、心臓がどっくんどっくんしているのを、悟られたくなかったのです。


普通にひどい
2017-04-11 06:14:36 (1年前) No.1
残り127文字