116:


「○○ちゃん、手をつなぐのイヤなのかと思ってたー」

Vが嬉しそうに、わたしの手を握ってきました。
Vに微笑んで、手を握り返していると、後ろで騒ぎが持ち上がりました。

「アンタなにやっとるんやー!」

振り返ると、お兄さんが後頭部を押さえてうずくまっています。

「……お前なぁ。カメラが壊れたらどないすんねん」

「知るか! 兄ぃこそ、なに怪しいコトしてるんや。
 わたしの友達に手ぇ出したら只じゃすまさへんで!」

「……全力で張り倒しといてよう言うわ」

「まだ足らへんかったみたいやな」

Uがげんこつを固めました。

わたしには想像も付かない、過激な兄妹喧嘩、というか、兄いじめでした。
わたしはVの手をほどいて、Uとお兄さんのあいだに割って入りました。

「U、やめて」

Uは戸惑ったような顔になりました。

「○○……アンタのためにやってるねんで?」

「わたし、喧嘩は見たくない」

「そうだよー。今日は○○ちゃんの記念日なのにー」

Uは肩をすくめて言いました。

「ま、しゃーないな。今日はこれぐらいにしといたる」

お兄さんが立ち上がって、わたしに礼を言いました。

「ありがとう、かばってくれて。
 妹とはいつもこんなんだから、気にしなくていいよ」

Uがわたしの手を取りました。

「アンタとVだけやったら2人とも迷子になるで。
 3人で手ぇつないで行こ!
 兄ぃは遠くから望遠レンズで写真でも撮っとき」

お兄さんはすごすごと遠ざかって行きました。

「U、仲間はずれは可哀想じゃない?」

「エエねんエエねん。甘くしとったら勘違いしよるで」

「……?」

それから3人で、空いているアトラクションを回りました。
コーヒーカップで(わたしが)目を回し、お化け屋敷で(Vが)悲鳴を
あげました。

歩き疲れたので、オープンテラスのベンチで休憩することになりました。
Uに命令されて、お兄さんが軽食を買いに行きました。

お兄さんは、串に刺したフランクフルトソーセージとジュースを持って、
戻ってきました。

「兄ぃ、ふつうこういう時はクレープでも買うてくるもんやろ?
 なに考えてるん?」

Uが呆れたように言いました。

「U、せっかく買ってきてくれたのに、悪いよ」

わたしはお兄さんから、フランクフルトを受け取りました。

「ありがとうございます」

でも、フランクフルトは脂身が多すぎて、半分食べると胸焼けしてきました。
捨てるわけにもいかず、じーっと串を見ていると、お兄さんがクレープを
買ってきました。

「これと交換しよう。それは捨ててくるから」

わたしは甘いイチゴのクレープを食べました。
Uは文句を言いながらも、しっかりクレープを食べていました。
Vはフランクフルトを平らげたうえに、クレープまで食べられてご機嫌でした。

お腹がふくれた頃には、夕暮れが忍び寄って来ました。

「なぁ○○、少しは空いて来たみたいやし、
 ジェットコースターに乗らへんか?」

「……やっぱり、怖いから良い。
 脈拍があんまり速くなると良くないし。
 Vと2人で乗ってきて。わたしは下で見てるから」

「そうか?」

「わー。わたしジェットコースター好きなんだー」

Vの瞳が輝きました。Uも実は、乗りたかったようです。

「そんなら、上から手ぇ振るから見とってや」

4人で行列に並びましたが、乗ったのはUとVの2人だけでした。
お兄さんはカメラを構えました。

わたしはお兄さんの横に、立っていました。
お兄さんが口を動かしました。

「○○ちゃん、格好良いお兄さんが居るんだって?」

「はい、格好良いです」

「お兄さんは遊びに連れて行ってくれないの?」

「今、遠くに居るんです」

「そうか……それじゃ、淋しいね」

「はい……」


お兄さん、出てこないかなー
いいお兄さんでうらやましい!
2016-09-05 02:46:55 (1年前) No.1
お兄ちゃんばっかでうらやましーー・・・。
2017-10-15 21:03:46 (9ヵ月前) No.2
残り127文字