107:


知らないところで話題に上っていたというのは、新鮮な驚きでした。
ふむふむと、今更ながらに小学校時代のクラスの雰囲気に納得しました。

「……せやけど、あんまし応えてへんみたいやなぁ?
 気にならへんの?」

「なにが?」

「せやから! こんだけ無茶苦茶言われとって腹立たへんのかっちゅーこと!」

「わたしの知らないところで、知らない人が何を言っても、
 わたしには関係ない」

「うーん……噂を信じるアホもおるんちゃうか?」

「Uはわたしの噂を信じた? Vは?」

UとVは揃って首を横に振りました。

「アホらし。そんなん直に喋ってみなワカランやん」

「わたしは、○○ちゃんをカッコイー、って思ってた」

わたしはUと顔を見合わせて、Vに尋ねました。

「格好良いって、なにが?」

「クラスで無視されてるのに、○○ちゃんは学校休まなかったでしょー?
 わたしが仲間はずれにされたときは、学校休んで泣いてた」

Uが転校してくる前、Vはいじめられていたのでした。
空想の世界の話を真顔でするので、嘘つき扱いされていたようです。

「わたしは鈍くて気がつかなかっただけ。格好なんて、良くない。
 とにかく、UやVが信じてくれてるんだったら、噂なんて関係ない」

「まぁ○○が気にしてへんのやったらエエけどな……。
 わたしやったら怒鳴りこんでるとこや」

Uは、まだ納得のいかない様子でした。

「そんでな。ちょーっと気になるコトがあるんやけどな。
 この際やから聞いてエエか?」

「なに?」

「R君との噂もやっぱりウソなん?」

「R君の噂って……R君も噂になってたの?」

「あのなぁ……アンタ、R君と別れたっちゅうんもデマか?」

「別れた、って?」

「だ、か、ら、R君と付き合うてたんと違うのん?」

「誰が?」

「アンタやがな!」

「ええっ!? わたしが?」

「びっくりするんはこっちや……。
 ハァ……コレは半分信じとったんやけどなぁ……。
 アンタとR君がラブラブやっちゅうんは公認やったんやで」

わたしは驚きのあまり、ぽかんとしました。

「誰が公認したの……?」

Uはすっかり呆れているようでした。

「Vもたいがいボケてるけど、○○も負けてへんなー。
 アンタ、ようR君と一緒におったやろ?
 方向違うのに肩並べて帰っとったし」

「R君って……家の方向違うの?」

「アンタ、同級生やったのにR君の家も知らんのか?」

「…………」

そういえば、卒業アルバムでR君の住所を見かけた覚えはありました。
でも、わたしは方向音痴だったので、それがどの方角かわかりませんでした。

「アンタなぁ……そらあんまり殺生やで……。
 仲間はずれにされてるアンタに近づくなんて、偉いやっちゃと思うてたのに。
 そしたら、卒業式の日にR君を振ったちゅうんもデマか」

「卒業式の後に、R君と会ったのはホントだけど、なんにも話してない」

「卒業式の日にアンタと別れてすぐ、R君が死にそうな顔しとったちゅう
 目撃証言があるんやけどなー。いったいなんやったんや?」

Uは首を傾げました。わたしも首を傾げました。Vも首を傾げました。

「まぁコレはわたしも信じてへんかったけどな、
 アンタがR君に自殺モンのきっついコト言うて振ったちゅう噂やで」

「わたし、そんなこと言ってない……言ったのは『なぁに?』だけ」

「ちょっと待った!
 アンタはR君に呼び出されとったんか?」

「うん。裏庭の木の下に来てくれ、って」

「それで?」

「R君はなんにも言わないで帰っちゃった。
 なんだったのかなぁ?」

UはVと顔を見合わせて、黙り込んでしまいました。
居心地の悪い沈黙が、わたしたちを包みました。

「U、わたしなにか、変なコト言った?」

Uは深々とため息をついて、か細い声で言いました。

「アンタなぁ……わたしもさすがにR君に同情するわ……。
 あの木の下に呼び出されたら、告られるに決まってるやん」

「告白はされてないんだけど?」

「いっしょやっちゅーに!」

「そうだよー。○○ちゃんひどいよー」

孤立無援の態勢に追い込まれて、わたしは縮こまりました。

「でも、だとすると、どうしてわたしを好きになったのかな?
 まだ信じられないんだけど」


これNo.何まであるん?(笑)
2015-10-10 16:09:22 (3年前) No.1
知るかあほ
@@@@
2018-09-17 17:38:33 (1ヵ月前) No.2
酒井杏菜
殺して
ウザクテウザクテ
殺してくれるならこれで連絡して下さい
俺はヒントを言うと酒井杏菜の元カレです
2018-09-17 17:41:51 (1ヵ月前) No.3
残り127文字