143:



b君がパッと顔を上げ、微笑みました。
どういうわけか、告白されるはずのわたしのほうが緊張していました。
とりあえず、わたしから声をかけました。

「ごめんなさい、遅くなって」

「いいっていいって。待ってるのも楽しいよ」

b君の言っている意味が理解できなくて、わたしは曖昧にうなずきました。

「…………」

困ったことに、こういう場面でどう受け答えしたらいいのか、
そんな知識はわたしにはありませんでした。
わたしは話を促すように、ただじいっとb君の目を見つめました。

b君はまっすぐに、わたしの目を見返してきました。
落ち着き払っているらしく、b君の瞳は揺らぎませんでした。
なんとも不思議な時間が流れました。
にらめっこしているような、お見合いしているような。

ハッとして我に返りました。
ずっとこのまま見つめ合っていたのでは、ラチがあきません。

「あ……」

「?」

「あの……お話は?」

「あ! そうだった。ごめんごめん。
 ××さんがじっくりこっちを見るのは初めてだから、
 つい見入っちゃって。あはははは」

笑い方ひとつ取ってもお兄ちゃんとはぜんぜん違うんだ、と思いました。
お兄ちゃんより良いとか悪いとかでなく、未知の感情表現でした。

「話っていうのはね、まぁ、あれだ、わかりやすく言うと、
 オレはキミが好きだってこと」

予想はしていたはずなのに、いざ真っ正面から言われてみると、
頭の中が一瞬白くなりました。

「……どうして?」

わたしは混乱していたようです。思わず問い返していました。
話をした覚えもない相手に好かれるというのが、信じられませんでした。

「どうしてって……ははは、なんとなくかな。
 はっきりした理由が要るの?」

逆に聞かれて、わたしは言葉に詰まりました。

「例えばキミの髪が好きになったとして、
 キミが髪型や色を変えたら好きじゃなくなるのか、そんなことない。
 好きになったのはキミのパーツじゃなくて、『キミ』なんだから」

わたしはなぜか、自分の足場が崩れていくような、不安を覚えました。

「話したことないのに、わかるんですか?」

「話は、まぁ、まだちょっとしかしたことないか……。
 でも、××さんもUさんとは喋ってるじゃない。
 キミが思ってるより、オレはキミのことよく知ってる」

じっとわたしの目に見据えられたb君の視線が、心をかき乱しました。
わたしは自分の胸を抱いて、お守り代わりの生徒手帳に手を触れました。
努力のすえ、わたしはやっと言葉を絞り出しました。

「あの……ごめんなさい」

「どうして謝るの?」

「わたし……誰とも付き合う気ないから」

「まぁまぁ、付き合ってみなくちゃわからないじゃない。
 返事はあせらないからさ。気長に考えてみてよ。
 今日のところはこれぐらいにしておこう。
 じゃあ、またね」

b君は笑顔を崩さず、何気ない足取りで立ち去って行きました。
わたしはしばらく呆然として、その場に立ったままでした。

わたしがぼうっとしていると、UとVが駆け寄ってきました。

「○○、どないしたんや! なんかされたんか?」

「……なんにも」

「そんなら、なに気ぃ抜けた顔してるんや」

「うん……ちょっと、わけがわからなくて」

Vがわたしの目の前で、手のひらをブンブン振りました。

「まさか、OKしたんか? bのヤツ機嫌好さそうに歩いていきよったで?」

「してない。断った、つもり」

「ハァ? ちゃんと『ごめんなさい』て言うたんか?」

「言った……けど、伝わってるかな?」

「そら、誤解するアホはおらへんやろ。どないなってるんや?」

「わたしも、よくわからない」

わたしたち3人はそろって首を傾げました。

その日の放課後、帰る支度をしていると、b君がやってきました。

「××さん、いっしょに帰らない?」

なにか言いたげなUを手で制して、答えました。

「ごめんなさい。帰りはいつも、3人で帰ってるから」


b君メンタル強いな…
Rとはなんだったのか…
2017-07-22 05:32:39 (12ヵ月前) No.1
残り127文字