268:



息が苦しくて、胸が大きく上下しました。
わたしの口の周りは、お兄ちゃんの唾液でべとべとでした。
生臭いようなその匂いに、頭の芯がしびれました。

お兄ちゃんの手が、うなじから肩を揉みほぐすように動きました。
両手でわたしのパジャマのボタンを、ゆっくり外していきます。
薄く目を開けると、お兄ちゃんは体を起こして膝立ちになっていました。

わたしは恐れと期待の入り混じった濃密な気持ちで、時を待ちました。
胸があらわになると、しっとり汗でしめった肌に寒さを感じました。
視線を感じて、わたしは両腕を交差させ、胸を隠しました。

「見たい。いやか?」

とっさに声を出して、返事をすることができませんでした。
わたしは言葉を忘れてしまったようでした。

お兄ちゃんに両手首を掴まれました。
すると、わたしの腕から力が抜けてしまいました。
わたしはバンザイをするような恰好をさせられました。

胸……小さくてごめんなさい

思うより先に、わたしはそう口にしていました。

「ばか」

わたしが耳にしたなかで、一番優しく響いた「ばか」でした。
お兄ちゃんの顔が見えなくなって、胸の先端に温かさが生まれました。
お兄ちゃんがわたしの乳首に、キスをしていました。

わたしはくすぐったさと恥ずかしさに、身もだえしました。
でも両手首を押さえられているので、背中を浮かせるしかありません。
脳天から腰まで、背骨に沿ってしびれが駆け抜けました。

「ああぁっ……」

お兄ちゃんがわたしの手首を自由にしました。
大きな手のひらとぬるぬるする舌で、わたしの両胸をいじめます。

わたしは両手をどうしたら良いかわからなくなって、
お兄ちゃんのパジャマのズボンを握りしめました。
腰の奥が熱の塊になって、汗と汗でないもので、お尻まで濡れました。

未知の恐怖に押し流されそうになって、わたしは声を挙げました。

……まって……お兄ちゃん

お兄ちゃんの手と口が離れて、べとべとになった胸がすーすーしました。

「どうした? 痛かったか?」

「そうじゃなくて……お兄ちゃんも脱いで」

お兄ちゃんはまだ、パジャマを着たままでした。
ちりちりするような恐れから逃れるために、
わたしは素肌と素肌でじかに触れ合いたかったのでしょう。

お兄ちゃんはベッドから下りました。
お兄ちゃんも、少し息が荒くなっていました。
横目で見ていると、パジャマの上着と、白いシャツを脱ぎ捨てました。

パジャマのズボンの前は、信じられないほど盛り上がっていました。
お兄ちゃんは脱ぎにくそうに腰を引いて、
ズボンとパンツを一緒に下ろしました。

魁偉かいいと言うしかない異質な物体が顔を出しました。
わたしが口をあんぐりと開けて見つめると、お兄ちゃんは苦笑しました。

「そんなに見るなよ」

「…………」

性交がどういうことかぐらいはわたしでも知っていましたけど、
あの大きさのものを受け入れるのは、物理的に不可能だと思いました。

わたしが何と言っていいかわからずにいるあいだに、
お兄ちゃんはまたベッドに上がってきました。

わたしはパジャマをすっかり脱がされました。
胸と胸を密着させて、お兄ちゃんが頬ずりしてきました。
お兄ちゃんの背中に腕を回して、ぎゅっと抱きしめました。

お兄ちゃんの背中は硬くて、ざらざらしていました。
少し冷えかけていた肌が、あたたまってきました。

2人ともしばらく、そのままじっとしていました。
耳元で、お兄ちゃんが囁きました。

「あったかいな……」

「うん……」

わたしの太股に、お兄ちゃんの硬いものが当たっていました。
そこだけ、あたたかいというよりむしろ、熱いぐらいでした。

お兄ちゃんの手が、わたしの背中やお尻をまさぐりました。
胸やお腹がこすれ合って、しっとりと汗をかきました。
甘いような、酸っぱいような熱気が、立ち込めていました。

胸が押しつぶされて痛みを覚えましたけど、
もっと近づきたくて、近づきたくて、しようがありませんでした。
ひとつに溶け合えたら良いのに、と思いました。

お兄ちゃんがわたしの耳を舐めました。

「ひぁっ……」

わたしはビクンと痙攣して、お兄ちゃんにしがみつきました。
お兄ちゃんは調子に乗って、耳を口に含んでしゃぶりました。

「あっ……や…めて……」

わたしが首をのけぞらせて逃れると、首筋を舐められました。
お兄ちゃんの太股が、わたしの股を割りました。

わたしの股間を、お兄ちゃんの手のひらが包みました。
わたしのあそこは、もうあふれるほどに濡れていました。

わたしはとっさにお兄ちゃんの手を掴んで、振り払おうとしましたが、
力が入りません。
指の腹でこすられて、体ががくがく震え、軽く達してしまいました。


こんな感じになっちゃうのか…最後まで読むけど…
2015-07-20 02:24:02 (3年前) No.1
うーんちょっと……
2016-05-03 18:56:19 (2年前) No.2
あー....
2017-04-12 13:23:42 (1年前) No.3
むしろ待ってたわ
2017-07-23 11:03:00 (1年前) No.4
残り127文字