121:



わたしは、Yさんに電話をかけることにしました。
ぷるる、ぷるる、がちゃと音がして、聞き慣れたUの声が聞こえてきました。

「はい、(Uの名字)です。どちら様でしょうか」

Uの気取った口振りに、わたしは思わず吹き出しそうでした。
でも、もしかしたら、U独特の冗談かもしれません。
わたしはそれに付き合って、いつも以上に丁寧に口上を述べました。

「もしもし。夜分遅く失礼します。
 ××○○と申します。Yさんはいらっしゃいますか?」

「あら、Uのお友達ね。いつもUが迷惑かけてごめんなさい。
 ちょっと待ってて」

電話の向こうで、「Y、でんわぁー!」と呼ぶ声がしました。
わたしは腋の下に、冷たい汗をかいていました。

「……もしもし?」

「あ、○○です。こんばんは」

「○○ちゃん? どうしたん?
 こんな時間に……いや、全然構わないけど」

「今の、お母さんですか?」

「そうだけど、どうかした?」

「Uと、声がそっくりで、びっくりしました」

「ぷはははは、電話だとたまに間違われるみたい」

「……あの……写真の、ことなんですけど」

わたしが用件を切り出すと、お兄さんの声が真剣になりました。

「あ、ああ、考えてくれたんだ。
 ……あ、ちょっと待って」

声が途絶えました。しばらくして、
戻ってきたお兄さんの声は、やっと聞き取れるぐらいに低められていました。

「……あ、ごめん。
 Uが近くにいるから、その話、悪いけど明日にしてくれない?
 明日は教会に行くんでしょ?
 礼拝の後、お昼前に、この前の場所に来てくれる?」

「はい」

日曜日のお昼前には、日曜学校がありますが、仕方がありません。
VとUが教会にいる時間なら、お兄さんと内密に会うことができます。

電話を切ってから、断る理由を考えていなかったことに気づきました。
お兄ちゃんがダメと言ったからダメ、では子供じみています。

かといって、Uにもまだ話していないお兄ちゃんへの気持ちを、
お兄さんに詳しく説明するわけにもいきません。
わたしは、思案しながらベッドに入りました。

翌日の午前中、いつものように教会の礼拝が終わった後、
わたしはVとUに言いました。

「今日は、用事があるから、先に帰る」

「えー? 今日は遊べないのー?」

Vが、頬をふくらませました。
Uは、じっと値踏みするような目で、わたしを見ました。

「○○……なんか、隠し事してへんか?」

「…………」

わたしは、視線を逸らせました。

別に何も悪いことはしていないはずでしたが、なんだか、
お兄さんと共謀してUを騙しているようで、気が咎めたのです。

ファミリーレストランに着くと、お兄さんはもう待っていました。

「あ、○○ちゃん、よく来てくれたね!」

約束したのですから、来て当たり前です。

「はい。こんにちは」

「まあまあ座って」

向かい合わせに座って、紅茶をオーダーしました。

「○○ちゃん、お昼食べないの?」

「家で食べます」

断るつもりなのに、長々と顔を突き合わせる気にはなれませんでした。
紅茶が来て、しばらく沈黙が続いてから、お兄さんが水を向けてきました。

「えっと……写真の話、どうしようか?」

わたしは、単刀直入に答えました。

「あの……やっぱり、お断りします」

「あ……そうなの……」

お兄さんは、しょぼんとしました。

「ああいうコスプレとかが、気に入らないかな?
 なんなら、普通の衣装でも良いんだけど」

「いえ、コスプレは、なんとも思いません。
 その……わたし、好きな人が居ます」

「え?」

お兄さんは、口をあんぐりと開けて、固まりました。
わたしは、お兄ちゃんを「好きな人」と口にしたせいか、思わずにやけました。

「その人に、記念写真を送ったら喜ぶ、と思いました。
 でも、話してみたら、絶対ダメだって……」

「あ……そ、そうなんだ」

お兄さんはしばらくどこか遠くを見て、ため息をつきました。

「それじゃ、仕方ないね」

その時わたしは、窓ガラスに目をやって、見知った顔に気づきました。
突き刺すような視線でわたしを見ている、Uの憤怒の表情でした。


すごいですね、いろいろ。。。
2016-01-02 00:26:49 (2年前) No.1
あーよかった・・・・。
2017-10-15 21:10:22 (11ヵ月前) No.2
残り127文字