237:



「○○、どこ行くんだ?」

「こっち」

神社のすぐそばで近所の人たちが集まって、参拝客に甘酒を振る舞っていました。
手を火傷しないように2個重ねた紙コップに、熱い甘酒を注いでもらいました。
友達の分もということで、わたしが2個、お兄ちゃんが4個、左右の手に持ちました。

足許に注意しながら、そろりそろりとUたちが待っている方角に進みます。
近くまで行くと、Vが歓声を上げました。

「あーなにそれー?」

「甘酒。あったまるよ。着物にこぼさないでね」

銘々が1個ずつコップを持って、寒空の下で輪になりました。
Yさんが、コップを高く掲げました。

「乾杯!」

「乾杯?」

神社の雰囲気にそぐわない言葉を聞いて、わたしは思わず訊き返していました。
それで途切れかけた勢いを、お兄ちゃんがフォローしてくれました。

「乾杯に賛成。Xさん、音頭をとってください」

「え? ボクが? それじゃ……みんなの健康と幸せと、年の始めを祝して……」

「かんぱーい」

6人の声がハモりました。

熱い甘酒を飲むと、お腹の中からじんわり温まってきました。
わたしはぼんやりと、1年前のことをを思い出しました。
あのときわたしに甘酒をくれたR君は、今どこでどうしているのだろう、と。

「ん? ○○、どうかしたか?」

話に加わらず、ぼうっとしていたわたしに、お兄ちゃんが耳打ちしました。

「あ……なんでもない。去年も初詣で甘酒飲んだこと、思い出しただけ」

「そっか……。去年はお前、1人だったんだな。ごめん」

「R君とここで会ったから、2人」

「R君とは結局、友達にはなれなかったんだったな……」

「うん」

わたしからR君に話しかけることもなく、たまに学校の廊下で見かけたりしても、
お互いにちらりと見る程度になっていました。

どうして急に疎遠になったのか、R君をつかまえて、
その理由をわたしのほうから尋ねるべきだったのかもしれません。

でもわたしには、遠ざかって行く人を、引き留めるような価値が自分にあると、
思えなかったのです。

「でも、今年は大勢だ」

お兄ちゃんが、わたしの大好きな笑みを浮かべました。

「あったまるねー」

「ホンマに」

いつも通りはしゃいでいるVも、珍しく寡黙なUも、満足げでした。
わたしは、去年やおととしのお正月と比べて、今年はなんて幸せだろう、
と思いました。

「それじゃ……そろそろ帰りますか? 足許が冷えるといけないし」

お兄ちゃんが、みんなに声をかけました。みんなも賛成したので、
お兄ちゃんとわたしが先頭に立ち、2列になって歩き出しました。

お兄ちゃんは神社を出ると、また甘酒を配っている人だかりに歩いて行きました。

「お代わりするの?」

「いや、Vちゃんのお父さんに。運転手役で、留守番だっただろ?」

ワゴン車は、神社から少し離れた路上に停まっていました。
わたしたちが歩み寄っていくと、Vのお父さんは車をこちらに動かしてきました。
お兄ちゃんが運転席側の窓に近寄ると、窓ガラスがスライドしました。

お兄ちゃんがお父さんになにか言うと、お父さんは笑顔になりました。
みんなが車内に入って、シートベルトを締めていると、お父さんが振り返りました。

「いやー、男の子っていいね。娘も可愛いが、私は息子も欲しかったんだ。
 だれか息子になってくれないかな?」

Vのお父さんの爆弾発言に、お兄ちゃん、Yさん、Xさんの動きが一斉に止まりました。

「そうだねー。わたしもお兄ちゃんが欲しかったんだー」

とくにXさんは、Vに腕を抱きしめられて、笑顔が引きつっていました。

「なに反応してるんや!」

「痛いだろっ!」

YさんはUに太股をつねられたらしく、今年最初の兄妹喧嘩を始めました。
わたしが振り向くと、お兄ちゃんは、嬉しいような寂しいような、複雑な表情でした。

車のヒーターが効いてきて、暑いぐらいの暖かさに、わたしは眠くなってきました。
でも、うとうとし始める前に、わたしの家に着きました。

わたしとお兄ちゃんは車から降り、肩を並べてお礼を言って、
Vのお父さんの車を見送りました。

「眠いのか? なんだかふらふらしてるぞ?」

「うん、ちょっと」

「早く着替えて寝るか」

わたしは自室に戻って、重かったコートやセーターを脱いで、
ねこさんパジャマに着替えてから、お兄ちゃんの部屋に行きました。

「お兄ちゃん、入って良い?」

「ああ」

わたしが中に入ると、お兄ちゃんは笑顔になりました。

「そのパジャマ、気に入らないのかと思ってた。あれから着てなかっただろ?」

「毎日着ると、早く傷むから」

「パジャマは大事に着るもんじゃないだろ」

お兄ちゃんは苦笑した後、まじめくさった顔で付け加えました。

「あ、それからな。そのパジャマの時は、『な』を『にゃ』と発音するのがルールだ」

「ルール……そうにゃの?」

「そうそう」

言いながら、お兄ちゃんは爆笑しました。


お兄ちゃんがにゃといえとか言ってきたらきもいわ
2017-04-18 17:01:50 (1年前) No.1
残り127文字