296:



「そんなら……
 ○○、アンタはなんでそんな寂しい目をしてるんや?」

「え?」

「……わたしの目はごまかされへん。
 わたしらの前で遠慮せんでええ。
 泣きたかったら思いっきり泣いたらええやん」

目をつぶっても、涙は湧いてきませんでした。
むしろ、わたしの胸にとりすがって泣いているのは、Vの方です。
Vの背中を撫でながら、わたしは答えました。

「もう、いっぱい泣いたから……涙は出てこないみたい。
 お兄ちゃんが死んじゃったんじゃないか、って思ったら、
 なにが起こっても、それよりはずっと良い。
 ありがとう。二人とも、わたしの代わりに泣いてくれて」

瞳に涙を溜めて、Uも肩を震わせていました。
張り裂けるように、胸が痛みました。ただ、痛いだけです。
わたしは知っていました。本当に胸が裂けてしまうことなどない、と。

半月ほど経って、ポケットベルが震えました。

「テ゛ンワシテイイカ?」

わたしは家に両親が居ないことを確かめてから、返信しました。

「イイヨ」

電話がかかってきて、久しぶりにお兄ちゃんの声が耳に響きました。

「gと二人で、そっちに帰るよ」

「もう、平気かな? お父さん、まだ怒ってるみたいだけど」

「いつまでも、こっちに厄介かけるわけにはいかないさ。
 他に行くところもないしな。
 ガタガタ言うようだったら、また家を出ればいい」

「それじゃ……待ってる」

gさんはどんな人だろう……わたしの胸は不安に締め付けられました。
お兄ちゃんがgさんを連れて帰宅したのは、その翌日でした。

ドアが開く音を聞きつけて、わたしは玄関に急ぎました。

「お帰りなさい、お兄ちゃん」

gさんがひとりで、三和土に立っていました。
初めてgさんと目が合って、わたしは息を呑みました。

「あ……あの……○○です。はじめまして」

gさんは口を閉ざしたまま、じっとわたしを見つめました。
前に病院でお見舞いしたときにはわからなかった、
底が知れないほど澄んだ、淡褐色ハシバミいろの瞳でした。

周りの空気が帯電したように、ぴりぴりした刺激を感じました。
そのまま立ちすくんでいると、gさんの背後にお兄ちゃんが現れました。

「ただいま、○○。隣のおばさんに捕まっちゃって困ったよ。
 ……? もう自己紹介はしたのか?」

「えっと……これから」

「g、これが妹の○○だ。仲良くしてやってくれ」

不意に、gさんの雰囲気が一変しました。
楽しげな笑みを浮かべ、瞳がきらきらと輝きだしました。

「よろしくね。○○ちゃん」

わたしをちらっと見てから、悪戯っぽくお兄ちゃんの顔を覗き込み、
自然な仕草でうなじに片手を伸ばしました。

「△△クン、○○ちゃんって、わたしに似てるね。
 もしかして、シスコン?」

「なっ、なにを言うんだ?」

「ひょっとして……わたしは彼女の代わりだったりする?」

「そんなわけないだろ。お前と○○はぜんぜん違うよ」

「だったらいいけど、もしそうじゃなかったら……」

「そうじゃなかったら?」

「殺しちゃうかも」

そう言って、お兄ちゃんの首をぎゅっと絞める真似をしました。
わたしは唖然として、二人のじゃれ合いを見ていました。
さっきの、人見知りしていたgさんとは別人のようでした。

「こんなところでバカやってないで、上がろう」

わたしは慌てて二人分のスリッパを用意しました。

「あっ……どうぞ、gさん。いらっしゃいませ」

お兄ちゃんがわたしの方を向いて、言いました。

「○○、いらっしゃいませ、じゃなくてお帰りなさい、だ。
 今日からここは、gの家でもあるんだからな。
 それから、gさん、じゃなく義姉ねえさん、って呼ばなきゃダメだ」

「あ……。ごめんなさい。お帰りなさい…………義姉さん」

お兄ちゃんはgさんの手を引いて、階段を上がっていきました。
わたしの目の前にはまだ、吸い込まれそうになるほど印象的な、
gさんの瞳の残像が映っていました。


きっつ
2017-07-23 13:30:04 (10ヵ月前) No.1
残り127文字