201:



憮然とした表情のcさんに気圧されたのか、
いつも元気なUも、言葉を挟んできませんでした。

「とにかく、座ってください」

「お前、俺を馬鹿にしてるのか?」

Yさんがのんびりした声で、助け船を出してくれました。

「喧嘩腰になってないで、君も座ったら?」

cさんはYさんを睨みつけました。

「なにモンだアンタ。なんでココにいる?」

「なんだろうな……○○ちゃんの友達の兄貴、ってトコかな。
 ○○ちゃんのお兄さんとも、いっしょに遊んだことがある。
 ここにいるのは、君と同じで○○ちゃんが招待してくれたからだな」

声はのんびりしていても、Yさんの目は据わっていました。
いつもとぼけた様子なのに、こんな顔もできるんだ、と驚きました。

「もう注文してあるから、大人しくパフェを食べたほうがいい。
 お店の人がこっちを見てる。喧嘩始めたら警察呼ばれるよ?
 ここは上品な店だからね」

cさんは黙って、椅子にどっかと腰を下ろしました。
続いて片手をポケットに突っ込んだので、わたしは囁きました。

「ここは禁煙ですよ?」

cさんはわたしを見て目をみはりました。

「わたし、小学3年生の時、気管支炎になりました。
 今は治っていますけど、煙を吸ったら発作がおきるかもしれません。
 その時は、救急車呼んでくださいね」

cさんは宙を仰いで、ポケットから手を出しました。
発作が起きるというのは大袈裟でしたけど、
小3のとき気管支炎を患ったことと、タバコの煙で咳き込むのは本当でした。

柔らかい椅子に座って、高級そうな木のテーブルを囲みながら、
くつろぐのとはほど遠い、緊張した雰囲気が張り詰めました。

やがてウェイトレスさんが、チョコレートパフェを4つ持ってきました。
一口食べて、Yさんが「やっぱり美味いね、ここのパフェは」と言いました。

「兄ぃ、食べたことあったんか?」

「ああ、夏休みに○○ちゃんにおごってもらった」

「兄ぃ! ○○に払わせたんか? サイテーやでそれ」

「はぁ? あかんのか?」

「当たり前やん、そんなら今日は兄ぃが払わな」

「U……今日はお礼のために来てもらったんだから、
 お兄さんに払わせる訳にはいかないよ」

「う……それやったら、兄ぃの分は○○が払う、
 ○○の分は兄ぃが払う、ってことでどうや? 兄ぃも文句ないやろ?」

「あ、うん、俺はそれでいいよ。
 おごってもらってばっかりじゃ気が引けるしね」

「えっと……はい」

やっと3人が笑顔になりました。
パフェをスプーンでかき混ぜている、残りの1人にわたしは囁きかけました。

「cさん、美味しくないですか?」

「あのなぁ……ちょっと訊いていいか?」

cさんの声は小さく、どことなく元気がありませんでした。

「はい」

「これはなんかの嫌がらせか?」

「え? 違います。お礼のしるしです」

「ハァァァ……なぁ、俺、そんなにイケてないか?」

「……どういう意味でしょう?」

「俺に近づくと、女は恐がるか媚びるかなんだけどなぁ。
 お前はどっちでもない。ワケわかんねぇ」

「恐いです」

「ならなんで俺の言うとおりにしない?」

「恐いのと、言うことを聞くのは別です。
 人の言いなりになるのは嫌です」

「……似てないと思ったけど、そういうトコは△△さんにそっくりだな」

「そうですか?」

お兄ちゃんの名前を耳にして、わたしはcさんの目を見つめました。
cさんは探るような目で、わたしを見返しました。

「お前は、俺のコトどんな男だと思う?」

唐突な質問に、わたしは面食らいました。

「あの……わたし、男の人をよく知りませんので、比較の対象が」

「△△さんと比べて、でいい」

「ここで正直に言って、良いんでしょうか?」

UとYさんが、聞き耳を立てているような気がしました。

「あの2人はどこ行っても付いてくるんだろう?
 いいから言ってみな」

「そうですね……お兄ちゃんと比べると、笑い方がイヤらしいです」

「イヤらしい?」

「お兄ちゃんはにっこり笑いますけど、cさんは悪巧みしてるみたいです」

「…………」

「あと、デリカシーが無いですね。
 お兄ちゃんもタバコを吸ってるみたいですけど、
 吸ったり吸い殻捨ててるところを見たことがありません。
 わたしがタバコが嫌いなことを、知ってるんだと思います」


残り127文字