209:



「場面転換は4回。1幕目と5幕目、2幕目と4幕目の背景は共通だから、
 必要な背景の数は3幕分になる。これ以上は削れなかった。
 でも、大きな背景を作ろうとしたら、ベニヤ板は2幕分しかない」

Uが顔をしかめました。

「どないするん?」

美術部員の男子が、うーんとうなって言いました。

「背景をベニヤ板の両面に描いたらどうかな?」

「無理。ベニヤ板をつなぎあわせるのに、裏を角材で補強しなくちゃ。
 角材が見えないように、裏にもベニヤ板張らなくちゃいけなくなる。
 それじゃ、両面に描く意味がない」

「それなら、背景を小さくするしかないか……」

「背景が小さいと貧弱になる」

Uがキレました。

「そんならどないせーちゅーねん!」

「あのね……話を最後まで、聞いてくれる?
 わたし、話すの遅いから、じれったいと思うけど……」

「なんかアイデアあるんか?」

「うん。昨夜考えた」

わたしはノートを取りだして、余白に図を描きました。
口で説明しても、すんなり理解してもらえそうになかったからです。

「いい? 背景の板を、真ん中で上下に分割する。
 そして、上下の板を、針金で絵本みたいに綴じるの。
 表紙を含めて、8ページしかない絵本だと思って。
 後ろに支柱を立てて、それを上から吊す。
 1幕目では、下に1枚、上に3枚の板がある。
 3枚の板の2枚は、一番後ろの板に、フックかなにかで留めてある。
 絵本の2ページ目と3ページ目が見えている状態ね。
 2幕目では、上の板を1枚下にめくって下ろす。
 そうすると、4ページ目と5ページ目が見える。
 3幕目では、もう1枚上の板をめくる。
 今度は、6ページ目と7ページ目が見える。
 4幕目では、下ろした板を1枚めくって上げる。
 2幕目と4幕目は共通だから。
 5幕目でも同じ。
 こうすると、2幕分のベニヤ板で、3幕分の背景が描ける。
 大きな1枚の背景に描いた場合と違って、場面転換も数秒でできる。
 狭い舞台の上で、大きな背景を入れ替える必要がないから」

男子の1人がうなずきました。

「なるほど……××さん、よく思いついたなぁ。
 どのクラスでも予算は同じだから、うちのクラスだけ背景を増やせるね。
 設計図描いてくれたら、大工仕事は男子でするよ」

男子2人が支柱を作っているあいだに、
男子の中で唯一の美術部員がベニヤ板に下絵を描いて、
わたしとUは指示に従って色を塗るという分担になりました。

「○○、しばらく暇やなぁ。Vんとこ冷やかしにいかへん?」

「邪魔にならないかな?」

「かめへんかめへん。ほら、他にも野次馬がぎょうさんおる。
 そんなんでアガっとったら、本番どころやないで」

Uにうながされて、読み合わせをしている輪に近づきました。
その周りでは、手持ちぶさたなクラスメイトが見物しています。

わたしたちが近寄ってきたのに気づいて、aさんが一瞬だけこちらに目を向け、
すぐにそっぽを向きました。
b君は、一度もこちらを見ようとしませんでした。
Vは台本を読むのに一生懸命で、周りが見えていないようでした。

Uがつぶやきました。

「特訓が必要やな……」

「そうね……」

Vの台詞回しは棒読みそのものでした。
おまけに、語尾を伸ばすクセがぜんぜん直っていません。

やがて下校時刻になって、解散することになりました。
わたしが鞄に宿題のプリントを詰めていると、
aさんがすっと近づいてきて、すれ違いざまにつぶやきました。

「これで勝ったと思わないでね」

刺すような敵意の籠もった言葉でした。
わたしは棒立ちになって、aさんを見送りました。

Uが来て尋ねました。

「なんかaに言われたんか?」

「これで勝ったと思うな、ですって」

「フン、助けてもろといて、それしか言えんのかいな?」

aさんに感謝されるとは、わたしも思っていませんでした。
それにしても……勝ち負けなんかどうでも良いのに、
どうしてaさんが対抗心を燃やしているのかわからず、げっそりしました。

「つかれたよーー」

Vが駆け寄ってきて、3人で帰ることになりました。
Uがニヤリと笑いました。

「V、日曜学校の後も、教会で演技の特訓しよな。
 あんな演技じゃ本番で恥かくで」

「ええーーっ!」

当分、賑やかで慌ただしい日々が続きそうでした。


残り127文字