157:



お兄ちゃんの横顔は蒼白で、口を少し開けて倒れていました。
わたしはいっぺんに目が覚めました。

ドアの隙間から抜け出して、お兄ちゃんの頭の脇に膝をつきました。
そーっと手のひらを口元に当てると、ちゃんと息をしていました。

ホッとして、わたしは洗面所に下りました。
顔を洗って、タオルを濡らして絞り、また階段をそっと上がりました。

横座りしてお兄ちゃんの頭を太股に乗せ、タオルを額にかぶせました。
お兄ちゃんが「んーーー」と声をあげて身じろぎしました。

「!……○○か?」

「お兄ちゃん、おはよう」

「あ、おはよう」

お兄ちゃんは、いがらっぽいような声を出しました。

「こんなとこで寝ると、風邪引くよ」

「ん……ああ。すまん」

「お兄ちゃん……もう良いから」

「……なにが?」

「無理してわたしと遊ばなくても……。
 彼女が居るんだったら、その人と遊べば良い。
 たまに帰ってきてくれたら、それで良いから……。
 お兄ちゃんにウソつかれるのだけは、イヤ」

言いながら、胸の奥が凍えていくのがわかりました。
お兄ちゃんに嘘をつかれたのが、なによりも悲しかったのです。

「○○……お前、誤解してるよ。
 いいからちょっとだけ話を聞いてくれ。
 昨日Aの家で酒盛りしたっていうのは本当なんだ。
 アイツの部屋でこっそりな。
 そうしたら、アイツのお姉さんが帰ってきてな、見つかっちゃったんだ。
 ばらされたくなかったら仲間に入れろだって。
 俺もAも酒は強いんだけど、お姉さんは弱かったみたいだ。
 酔っぱらって、俺に抱き付いてくるんで参った。
 Aのお姉さんを突き飛ばすわけにもいかないしな。
 それだけだ。誓って何にもしてないし、付き合ってもいない」

「誓う?」

「誓う。今までのお前との想い出を全部懸けてもいい」

“誓う”ことは、わたしにとって“約束する”より神聖な言葉でした。
わたしは今までの生涯で、数えるほどしか誓いを立てたことがありません。

「信じる。
 ……ごめんなさい、お兄ちゃん。こんなとこに寝かせちゃって。
 背中痛いでしょ……?」

「平気だよ。友達ん家で雑魚寝するのは慣れてる。
 それより、ちょっと二日酔い気味かな……」

お兄ちゃんはパッと身を起こして立ち上がりました。

「走ってくるから、風呂沸かしといてくれ。入浴剤入れてな。
 先に入っておいていいから」

「だいじょうぶ……?」

「軽く走って汗かいて、アルコール抜いてくるよ。昨日は飲み過ぎた」

お兄ちゃんがロードワークに行くのを見送って、お風呂にお湯を溜めました。
湯冷めしない温泉入浴剤を入れると、お湯が白く濁ります。

白いお湯に肩まで浸かって足を伸ばすと、頭がすっきりしてきました。
ゆっくり体と頭を洗って、またお湯に浸かっていると、
お兄ちゃんが帰ってきました。

お風呂場の磨りガラスに、お兄ちゃんの影が映りました。

「○○……もう上がるか?」

「うん」

「汗だくだから、俺も早く入りたいんだ」

「え……うん、良いよ」

視線を泳がせていると、お兄ちゃんが腰にタオルを巻いて入ってきました。
掛け湯するときにタオルを取りましたが、
残念ながらお兄ちゃんは向こうを向いていたので、何も見えませんでした。

湯船に入ってくるときに、ちらっと視線を走らせましたが、
おにいちゃんの手が肝心な部分を隠していて、
わたしの目に見えたのは、手のひらからはみ出した毛だけでした。

それでも、あんなに周りまでふさふさと毛が生えているのか、
と少なからずショックを受けました。

「お兄ちゃん……」

「ん、なんだ?」

お兄ちゃんはお湯に浸かって、気持ちよさそうに答えました。
お兄ちゃんの伸ばした足が、わたしの腰をはさむような形になりました。

「お兄ちゃんって、毛深いほう?」

「え? 別にそんなことないんじゃないかな。胸毛も生えてないし。
 髭も2日に一度剃ればいいぐらいだし」

「中1のころに……生えてた?」

「そうだな。髭が伸び始めたのはそれぐらいかな」

わたしが聞きたかったのは、違う部分の毛でしたが、聞き直せませんでした。


急に態度変わりすぎ
2016-05-23 13:24:04 (2年前) No.1
違うと言った瞬間からこんなあt
2017-04-11 05:46:07 (1年前) No.2
残り127文字