199:



わたしはcさんに一礼して、Uたちの元に戻りました。
2人とも不思議そうな顔をしています。

「案外早かったやん」

「よかったねー」

「今日はね。日曜日に会う約束したから」

「なんやて!!
 ……アンタ、それは飛んで火にいる夏の虫ちゅうやつやで」

「わたし、虫じゃないよ」

「そんな話してへん!
 あの先輩と2人きりで会うやなんて、無謀すぎるで」

「誰も2人きりで会うなんて、約束してないけど?」

「ハァ?」

「cさんには情報提供のお礼におごるだけ。
 UとVとYさんにもお世話になったから、おごるね」

「……つまり、わたしらにも来い、ちゅうことか?」

「駅前のデパートの喫茶店のパフェ、好きなの選んで良いよ」

「……う……それは、魅力的やけど、
 わたしらがついてったら、先輩『騙された』って言わへんか?」

「約束してないことで、怒るほうがおかしい」

「アンタ……詐欺師になれるな。先輩怒るで絶対」

「だいじょうぶ。いざとなったら、お兄ちゃんの名前出すから」

「きったなー」

「目的に応じて、最適の手段を選ばなくちゃ。
 それともUは、パフェをタダで食べたくない?」

「行く行く」

「Vも来るでしょ?」

Vのほうを向くと、意外にも、眉間にしわを寄せていました。

「うーー」

「どうしたの?」

「日曜日は、おにーちゃんと勉強する約束してるのー」

Xさんとのお勉強タイムを取るか、デラックスなパフェを取るか、
必死に悩んでいるのが見て取れました。

「それじゃ、Vにはお土産買ってきてあげる。
 あそこはアップルパイも美味しいよ」

「ホントー?」

Vは一転してニコニコ顔になりました。

「せやけどアンタもブルジョアやな。
 先輩とわたしと兄ぃとVにおごるやなんて、
 Vより小遣い多いんか?」

「そんなことない、と思うけど。
 わたし、UやVみたいに、買い食いで無駄遣いしないから」

「それはアンタが少食すぎるだけやん!
 育ち盛りなんやから、買い食いぐらいふつうやで。
 そんなんやから育たへんのと違うか?」

Uの視線が胸元に注がれたので、わたしの声は自然と冷たくなりました。

「ふーん。そういうこと、言うんだ」

「ウソウソ。日曜日まではなんも言わへん」

Uのあからさまな現金さには、ため息しか出ませんでした。

日曜日の昼前、わたしは教会の2階で、カーペットに寝ころんでいました。
横ではUもごろごろしています。

「先輩、ここに呼んだらよかったんと違うか?」

「どうして?」

「アンタのその姿見たら、一発で幻滅するで」

「それ……どういう意味?」

「いつも教室でシャキッとしてるアンタが、ここではタコみたいやん」

「……教室だと、どうしても緊張しちゃうの。
 ここに居ると、なんだか家に居るより落ち着く」

「アンタも馴染んだなぁ……洗礼受けるんか?」

「え? わたしが? まさか」

「Vは今年中に洗礼受けるらしいで。さっきW先生と話してるの聞いた。
 けっこういろいろ準備のための勉強がいるらしいで」

「ふぅん。大変ね……」

カトリックでは生まれたときに洗礼を受けますが、
プロテスタントでは、しかるべき時期に、自分の意思で洗礼を受けるのです。
Vならきっと、善良なクリスチャンになるだろう、と思いました。

「どうせXの兄ちゃんに勧められたんやろけどなぁ。
 どっちの家も家族ぐるみクリスチャンやから。
 わたしは聖書読んでもようわからんけど、
 アンタやったらもう下手な信者より詳しいんと違うか?
 自分でも聖書買うたんやろ?」

「うん。文語訳と口語訳と共同訳。
 文語訳は小説なんかでもよく引用されるし」

「3種類もか……? 読んで面白いんか?」

「物語としては面白いね。信じられたら、救われるんだろうと思う」

「信じられへん?」

「信じたいけど、信じ切れない。それじゃ、信者にはなれない」

「かったいなぁ。そんな真剣な信者なんてめったにおらへんで」

「仕方ないよ、こういう性格なんだから」

「そらそうやな。……ぼちぼち行こか」

わたしとUは起き上がって、まだ子供たちと遊んでいるVに合図し、
教会を出ました。

「お兄さんは?」

「今ごろこっちに迎えに来てる途中のはずや」

「迎え?」

「来た」

Uの指先の方向を見ると、Yさんが自転車をこいで走ってきていました。


残り127文字