261:



ずっと立ったまま花火を見るのは辛いので、川沿いのレストランに入りました。
テラスに並んだテーブルから、夜空を眺めることができます。

時間が遅かったので、もうほとんどの席は埋まっていました。
建物の陰になる、一番端のテーブルだけが空いていました。
お兄ちゃんたちは辛口ピラフを、わたしはフルーツの盛り合わせを注文しました。

次々と打ち上げられる花火を、3人で見上げました。
3分の1ぐらいは建物で遮られていましたけど、ぱぁーんという音は、
響いてきました。

独り言のように、Hクンが呟きました。

「綺麗やな……」

「……」

「○○姉ちゃん」

わたしは視線を上に向けたまま、答えました。

「なに?」

「俺、また来てええかな」

言葉に詰まりました。Hクンを拒否したくはありませんでした。
でも、親密になるわけにもいきません。

ちらりとお兄ちゃんを見ると、難しい顔をしていました。
わたしが沈黙を守っているのに耐えかねたのか、Hクンが続けました。

「……わかった。もうええわ」

わたしは向き直って、Hクンを見ました。
目と目が合いました。
胸が痛くなるような、寂しさに満ちた眼差しでした。

「Hクン……ごめんなさい」

「……なんで? なんで謝るん? 教えて」

「叔母さんが良いって言ったら、またいらっしゃい」

わたしは苦し紛れに、叔母さんに責任を押しつけました。
叔母さんは、わたしとHクンを会わせたくないはずです。

「お父ちゃんはわからんけど、お母ちゃんは絶対アカンて言うわ……」

いつの間にか、花火大会は終わっていました。
レストランのお客さんたちが、ぞろぞろと帰途に就きはじめました。
お兄ちゃんが立ち上がりました。

「そろそろ帰るか?」

駅への帰り道で、Uたち4人と合流しました。
Uが上機嫌で話しかけてきました。

「○○、どこ行っとったん?」

「Uがさっさと行っちゃったんだよ」

Vが感極まったように言いました。

「花火、とっても綺麗だったねー!」

Uがいわくありげに突っ込みました。

「アンタは花火より他のことで忙しかったんと違うか?」

「どういう意味ー?」

Vには通じていないようでした。わたしはため息をつきました。

花火大会が終わって、日常が戻ってきました。
Hクンは今までと変わりなく、わたしに話しかけてきましたけど、
どこかに遠慮があるようでした。

1週間が過ぎて、Hクンが田舎に帰る日がやってきました。
お兄ちゃんとわたしで、空港まで見送りに行きました。
向こうの空港には、叔母さんが迎えに来るはずです。

別れ際に、Hクンが言いました。

「○○姉ちゃん、田舎に来ることあったら、うちにも寄ってな」

「うん。Hクン、元気でね」

「俺は病気したことないねん。○○姉ちゃんこそ元気になりや。
 △△兄ちゃん、またな」

Hクンは白い歯を覗かせて笑い、手を振りながら去っていきました。
Hクンの姿が視界から消えるまで見送ってから、
お兄ちゃんとわたしは踵を返しました。

「Hクン、行っちゃったね」

「ああ……ちょっと可哀相だったかもしれないな」

「なにが?」

「お前、Hによそよそしかっただろう?
 俺は理由がわかってるけど、あいつは何も知らないからなぁ」

わたしがHクンに近寄らなかったのは、触れると体が強張るかもしれない、
という理由もあったのですけど、お兄ちゃんは気づかなかったようです。

「昨夜、あいつに訊かれたよ。お前のこと」

「え? なにを?」

「俺は○○姉ちゃんに嫌われてるんやろか、って」

「そんなこと……ない」

「俺もそう言っておいた。
 ただ、Hのことはただの従弟としてしか見てないだろう、ってな」

「お兄ちゃんも……」

「俺も?」

「お兄ちゃんも、最近よそよそしかったね」

「仕方ないさ。
 Hの前で、あんまりお前と仲良くしてるの見せられないだろ」

「お兄ちゃんも、今日出発?」

「ああ、ホントは先週発つ予定だったんだ。
 Hをこっちに残しておくわけにはいかないから、予定を延ばした」

家に帰ると、お兄ちゃんは慌ただしく着替えて、バイクにまたがりました。
ヘルメットのシールドのせいで、よく表情が見えませんでした。

お兄ちゃんは片手を挙げて「またなっ」と言い、
バイクを発進させて、あっという間に見えなくなりました。


おっぱい
2016-11-06 08:02:25 (2年前) No.1
残り127文字