176:



お兄ちゃんもわたしも、その場に凍りつきました。
異様な雰囲気で、視線を外せません。
少しでも身動きしたら、何もかも終わってしまう、そんな切迫感がありました。

先に口を開いたのは、お兄ちゃんのほうでした。

「お、お前……なに、言ってるんだ?」

お兄ちゃんの驚愕した表情が、わたしの胸を切り裂きました。
わたしはなんとかして言い訳しようとしましたが、
口が震えてしまって、何一つ言葉が出てきません。

気が遠くなるほど、長いあいだ見つめ合っていたと思います。
お兄ちゃんが、わずかに後ずさったように見えました。

わたしは理由もなく、このままお兄ちゃんがどこかに消えてしまう、
という不安に襲われました。

わたしは立ち上がって、お兄ちゃんに飛びつきました。
腰に腕を回して、思いっきり締めつけました。

「○○!」

お兄ちゃんの手の平が右肩を掴んで、わたしを引き剥がそうとしました。
わたしは渾身の力をこめて、しがみつき続けました。

「いゃああああ!」

不意にお兄ちゃんの体から、力が緩みました。
ぽんぽん、と、わたしの背中が優しく叩かれました。

「わかったから、泣くな。落ち着け」

そう言われてみると、わたしは涙を流していました。
がちがちに強張ったわたしの体を、お兄ちゃんがゆっくりと離しました。

お兄ちゃんの手が、わたしの帯を解きました。
わたしはまだ、棒立ちになったままでした。

浴衣を脱がされても、わたしはマネキン人形のように、突っ立っていました。
この後なにが起こるのか、頭がまったく働きません。

わたしの体に、タオルケットが巻かれました。
抱きかかえられて、ベッドに連れて行かれました。

横になっても、わたしの全身は硬直していました。
緊張しすぎたせいか、背中と首の筋肉が悲鳴を上げました。
締めつけられたように、きりきりと頭が痛みます。

添い寝したお兄ちゃんの声が、耳許でしました。

「俺はここにいるから。大丈夫、大丈夫」

お兄ちゃんの指が、わたしの顔を撫で、髪を撫で、下から首を掴みました。
首を揉まれると、頭の痛みが少し軽くなり、わたしは目を細めました。

横からお兄ちゃんの顔がかぶさってきて、お兄ちゃんの唇が、
わたしの唇と重なりました。ほんの一瞬の、触れるだけのキスでした。

お兄ちゃんが顔を上げました。わたしが何も言えずにいると、
お兄ちゃんは意味不明の単語を口にしました。

「じんこーこきゅーだ」

お兄ちゃんはわたしの体を裏返し、「だいじょーぶだいじょーぶ」と
呪文を唱えながら、わたしの首や肩、脹ら脛や足の裏を揉みました。

わたしはいつの間にか、ぷつりと糸が切れるように、眠りに落ちていきました。

翌朝の目覚めは突然でした。
わたしはガバッと身を起こし、自分がパジャマを着ていないのに気づいて、
ゆうべのことは夢ではなかったんだ、と自覚しました。

お兄ちゃんに醜態をさらしてしまった、と思うと絶望的になりました。
でも、ベッドの中で丸くなっていたら、お兄ちゃんが心配して見に来ます。

わたしはベッドから下りて、床に転がっていたリップを拾いました。
部屋着を着て、ぞんざいに畳まれた浴衣や帯をきちんと畳み直し、
そうっと1階に下りていきました。

お兄ちゃんはどこにも居ませんでした。
パニックに陥りかけましたが、玄関にランニングシューズが無いのを見て、
早朝トレーニングに出かけているのだ、とわかりました。

じっと待っているのに耐えきれず、朝ご飯の支度をすることにしました。
おみそ汁の出汁や具は、すでに用意されていました。

卵焼きを作ろうとして焦がしてしまい、作り直しました。
そうこうしているうちに、お兄ちゃんが帰ってきました。

「シャワー浴びてくる」

それだけ言って、お兄ちゃんは風呂場に行ってしまいました。
わたしは判決を待つ犯罪者のような心持ちで、座って待っていました。

お兄ちゃんがダイニングに入ってきました。

「おはよう。今日は早いな。朝ご飯作ってくれたのか」

わたしは顔を伏せました。

「お兄ちゃん……ごめんなさいごめんなさいごめんなさい……」

壊れたオルゴールのように、繰り返しました。

「何言ってるんだ。気にすんな。まぁ、ゆうべはビックリしたけどな……。
 お前が取り乱すなんて、初めて見たから。
 まぁアレだ。水に溺れたようなもんだろ。年頃だから、しょうがないさ。
 それより腹減った。ご飯よそってくれよ」


?ヾ(゚ー゚ヾ)^?。。。ン?
2017-05-08 19:24:04 (1年前) No.1
残り127文字