114:


Uとわたしが肩を並べて歩く後ろを、VとXさんが付いてきました。
振り返ると、VはXさんの腕に、コアラのようにぶら下がっています。
Xさんは歩きにくくてしょうがないんじゃないか、と思いました。

わたしは声をひそめて、Uと言葉を交わしました。

「ねぇ。VとXさんは、いつもあんななの?」

「……見てのとおりや。なんぼ言うても治らん。
 あのエエカッコしい(Xさんのことらしい)も
 ちょっとは注意したったらエエのにな」

「恥ずかしくないのかな?」

「恥ずかしがってるように見えるか?」

「見えない」

「見てるほうが恥ずかしわ」

わたしは内心、人前でも素直に甘えられるVが羨ましかったのですが、
Uは見かけによらず、お堅いようでした。

Uの家は、一戸建てではなくマンションでした。
VはXさんに手を振って、「またねー」と大きな声を出しました。

マンションの1階のホールに、高校生ぐらいの小柄な男の人が立っていました。
Uに似た顔立ちで目が大きく、チェックの上着を着ていました。

「U、おかえり」

「なんや兄ぃ。外で待っとったんか。
 すぐには行かへんで。部屋でお昼食べて休んでからや」

「そんなんわかってる。お前が珍しく友達連れて来る言うたから、
 出迎えよう思うて」

「ははーん。なんや怪しいなぁ。下心あるんとちゃうか?」

「なっ、なにゆうてんねん。あんまり恥ずかしコト言うなや」

わたしもVも、話に割り込む隙がありませんでした。
Uの乱暴な口調は、お兄さんに対しても変わらないようでした。
わたしはお兄さんがどうして怒らないのだろう、と思いました。

こうしていても埒があかないので、とりあえず進み出て挨拶しました。

「初めまして。××○○と申します」

「Vです♪ お兄さんよろしく」

お兄さんは頭を掻きながら返事をしました。

「あっ……どうも。妹がお世話になっています。僕はYです」

「あはははははは! ぼ、ぼくぅ〜〜?」

Uがお腹を抱えて爆笑しました。お兄さんは、真っ赤になりました。
わたしは眉をひそめ、Vはぽかんとしました。

「U……ひどいんじゃない?」

「……せ、せやけど、兄ぃが『僕』やて……?」

笑いすぎて苦しそうなUを無理に引っ張って、エレベーターに乗りました。
密室の中に、奇妙な沈黙が充満しました。
お兄さんは赤い顔で、黙って天井を見ています。

「あの……お兄さん、気にしないで……ください。
 別に可笑しくは、ありませんでした」

蚊の鳴くような声で言うと、お兄さんは驚いたように視線を下ろしました。

「あ……そう。ありがとう」

わたしたちは玄関をくぐって、リビングに通されました。
ちゃぶ台のようなテーブルの上に、ホットプレートが準備してありました。

「なにをするの?」

「うしし。今日は友達が来るいうたら、母ちゃんがごちそうせな言うて、
 エエ肉買うてきてくれたんや」

「お昼から焼き肉……?」

「肉が嫌いやったら無理せんでもエエで。
 お好み焼きでも焼きそばでも作れるさかい」

わたしは、Uには一生敵わないのではないか、と思いました。

わたしは声を低めました。

「それはいいけど……さっきからVが静かね? どうしたのかな?」

「気にすることあらへん。ちょっとアッチの世界に逝っとるんやろ。
 放っといたらそのうち帰ってくる」

焼き肉パーティーが始まると、お兄さんがわたしとVの取り皿に、
せっせと焼けたお肉や野菜を取り分けてくれました。

Uは勝手にせっせと自分の皿に、肉ばかり取っています。
この調子では、お兄さんのお肉が無くなってしまいそうでした。

「お兄さん……わたしはあんまり食べないから、食べてください」

「そ、そう?」

食事の後、Uは「ゲームでもしよか?」と言ってきましたが、
そんなに時間がないので断りました。

出かけるとき、お兄さんは肩に妙に大きな鞄を担いでいました。


残り127文字