269:



わたしが目を閉じて呼吸を整えていると、
お兄ちゃんはわたしの頬にちゅっと口づけして、体を横にずらし、
わたしの隣に寝そべりました。

わたしはお兄ちゃんに腕枕をされて、髪を撫でられました。

「疲れたか?」

「ううん、だいじょうぶ」

「このまま……眠ってもいいんだぞ?」

「……え? でもお兄ちゃん、まだ……」

「俺はいいさ。お前にはまだ、これ以上は早いような気がする」

わたしばっかり良い気持ちにしてもらっただけで終わるのは、
どうにも納得がいきませんでした。

「早くない。わたしもう……生理だってある。
 お兄ちゃんも、今のわたしと同じ年のとき……その……
 エッチしてたでしょ? Cさんと

お兄ちゃんがハッ、と息を呑むのがわかりました。

「……やっぱり」

「いや……その……コンドーム無いし、子供ができたら困るだろ?」

「今日は安全日」

そうわたしが断言すると、お兄ちゃんは絶句しました。

「いやなの……?」

わたしは伸び上がって、さっきされたのと同じように、
お兄ちゃんの耳をかぷっと口に含みました。

「やめろっ、くすぐったい」

わたしはやめませんでした。少ししょっぱい味がしました。
耳から首筋までぺろぺろ舐めながら、右手を下に伸ばしました。

手のひらにぐにゃっ、とした手応えがありました。
湿った柔らかいフランクフルトソーセージのようなものを、握りました。

うわあああ、と内心動揺しながら、ふにふに手を動かしてみると、
お兄ちゃんに手首をきつく掴まれました。

「そんなこと、しなくていい!」

お兄ちゃんの厳しい声に、わたしはすくみ上がりました。

……お兄ちゃんと同じこと、しただけなのに……

泣きそうな声でわたしがそう言うと、手首を締め付ける力が抜けました。
あそこを握る力をふにふに入れたり緩めたりすると、
わたしの手のひらの中で、だんだん大きく硬くなっていきました。

「握ったまま、こう動かして」

お兄ちゃんの大きな手が、わたしのこぶしを包んで、上下させました。
わたしの手のひらの中で、かちかちになったものが、ぴくぴくしました。

「お返しだ」

その感触にわたしがすっかり気を奪われていると、
お兄ちゃんが屈み込んで口づけしてきました。

それだけでなく、わたしの股間にまたお兄ちゃんの指が……。
そのうちに、なにがなんだかわからなくなってきました。
舌を絡めながらお兄ちゃんは体を入れ替えて、上になりました。

お互いに背中に手を回して、しっかり抱きしめ合いました。

「○○……力抜いて。足、開いて」

足の力を緩めようと意識しても、なぜか思うようにいきません。
緊張の抜けない太股を少し開くと、お兄ちゃんの膝が割って入りました。

わたしは足を大きく開いて、お兄ちゃんの腰を挟む体勢になりました。
わたしのあそこに、お兄ちゃんの先端が当たりました。

お兄ちゃんは上体を前後に動かして、先端を小刻みに滑らせました。

「あっ、あっ、あっ……」

わたしは緊張と興奮との極致に達して、
切れ切れに、言葉にならない声を吐き出すだけでした。

お兄ちゃんはわたしの肩と背中に回した手を、撫でるように動かしながら、
わたしの耳に囁きました。

「力、抜いて……」

力を抜こうとすればするほど、余計に体が固くなってしまいます。
わたしは途方に暮れました。

「痛かったらやめるから」

「いや」

お兄ちゃんはわたしの体をがっちり掴んで、身動きできないようにしました。
先端が、入ってきました。

わたしは……覚悟していたはずなのに、覚悟が木っ端微塵になりました。
想像を絶する純粋な痛みに、股を引き裂かれるようでした。
わたしは全身の力のありったけで、身もだえして、上に上に逃れました。

ベッドのヘッドボードに、頭が当たりました。

「あああああ……」


うわー、エッチだなぁ
2015-05-03 10:13:31 (3年前) No.1
( ;´Д`)
2016-03-04 18:02:36 (2年前) No.2
2016-05-03 18:57:34 (2年前) No.3
妹とのラブ(愛)がわかる~
2016-08-24 21:20:28 (2年前) No.4
キッモ!
2016-11-29 23:39:01 (1年前) No.5
ちがう、なんか
2017-04-06 03:08:03 (1年前) No.6
(´・ω・`)うーん
2017-04-12 13:25:09 (1年前) No.7
;)(・д・;)(・д・;)(・д・;)(・д・;)(・д・;)(・д・;)(・д・;)(・д・;)(・д・;д・;)
2017-08-10 10:34:37 (1年前) No.8
残り127文字