15:


キス以上の事は、おぼろげにしか知りませんでしたし、
想像したくもありませんでした。

「いい加減にしろっ!」

お兄ちゃんが食卓を、バン、と乱暴に叩いて立ち上がりました。
そしてそのまま背を向け、自分の部屋に帰ってしまいました。

お兄ちゃんを本気で怒らせてしまった、嫌われてしまった、
と思って、わたしは目の前が真っ暗になりました。
がくがく震える足を運んで、お兄ちゃんの部屋の前に行きました。

部屋のドアに取り縋って、何度も何度も叩きながら、謝りました。

「お兄ちゃん、ごめんなさい。
 お兄ちゃん、ごめんなさい、ごめんなさい……」

そう涙声で繰り返していると、ドアが開きました。
お兄ちゃんが顔を出して、「入れよ」と言いました。

お兄ちゃんはわたしを、ベッドに連れていって座らせ、
ぐちゃぐちゃになった顔をタオルで拭いてくれました。
そしてわたしの隣に座り、わたしの顔を膝に乗せ、
頭を撫でながら話し始めました。

「○○、お兄ちゃんもう怒ってないから泣くなよ。
 でも、あんな事、ずけずけ聞くモンじゃないぞ。
 噂好きのおばさんみたいだ」

わたしはお兄ちゃんの膝に顔を埋めたまま、うん、と頷きました。

「淋しかったか?」

わたしはまた、頷きました。
この時は、何でもお兄ちゃんに言えるような、素直な気持ちでした。

「まだ誰にも言ってないけどな。
 お前にだけ全部話すよ。
 お父さんやお母さんには絶対内緒だぞ?」

わたしは大きく頷きました。
お兄ちゃんとの大切な秘密を、両親に明かすなんて考えられません。

「Cはな、元々同級生だったけど、
 海水浴まではあんまり話した事がなかったな。
 あの海水浴はな、Aが最初に言い出したんだ。
 AはBの事が前から好きでな」

お兄ちゃんは、くっくっと笑いました。

「でも、二人だけで海に行こうってのはあんまりロコツだろ?
 ん? よく分からんか。
 それで、AとBが友達を一人ずつ連れて来る事になったんだ。
 俺は初めどうしようかと思ったけどな。
 お前が一度も海に行った事ないの思い出してな。
 お前には、俺以外の人とも喋る事を覚えさせたかったし」

お兄ちゃんの優しい声が、高い所から降ってくるようでした。

「海水浴の後、Cがクラゲの怪我のこと心配してな。
 色々とお前のこと聞きに来たんだ。
 澄ましてるように見えたのに、話してみると思ったより話が合ってな。
 向こうから付き合わないかって言ってきて、OKしたんだ」

わたしの頭が、少し乱暴に掻き混ぜられ、
お兄ちゃんの少しおどけた声がしました。

「こう見えてもな、お兄ちゃん結構モテるんだぞ!」

その時まで深く考えていませんでしたが、
こんなに格好良くて優しいお兄ちゃんなら、きっとモテるに違いない、
と思い、小さく頷きました。
たぶんこの時、お兄ちゃんは照れていたのでしょう。

お兄ちゃんの声が、再び低くなりました。

「でもな、今まで女の子と付き合った事なかったんだ。
 部活が忙しかったしな」

部活だけでなく、わたしのために食事を用意するのにも忙しかったはずです。

「んー。本気で好きなのかどうか、まだよく分からん。
 でもな、アイツあれで意外と甘えたがりでな。
 家の中が複雑なんだそうだ。
 話聞いて相談に乗ってる内に、放っておけなくなった」

お兄ちゃんの手が、背中を撫でてくれていました。

「お前もな。
 あんまり我慢ばっかりしてないで、もっと甘えていいんだぞ。
 欲しい物は欲しいって口に出さなきゃ。
 お前が淋しそうな目をしてじーっとしてると心配なんだ」

わたしは物欲が薄い子供だったので、欲しい物などありませんでした。
欲しいと言わなくても、買い与えられた物で満足していました。
欲しいと口に出しても、決して手に入れられなくなった、
たった一つの「もの」を別にすれば。

お兄ちゃんは最後に、ぽんぽん、とわたしの頭を叩いて、
「もういいか?」と言いました。

その時なぜかわたしには、お兄ちゃんがまだ何か隠している、と分かってしまいました。
でもそれは、きっと今の幼いわたしには言えない事なんだと、同時に分かりました。
だからわたしは、起きあがって「お兄ちゃんありがとう、ごめんなさい」と言い、
お兄ちゃんの部屋を出ました。
涙が溢れそうになっている、わたしの顔をお兄ちゃんに見られたくなかったからです。

昨夜あれだけ泣いて、涙は枯れたかと思ったのに、
後から後から涙が湧いてきました。
でもそれは、悲しい涙ではなく、心を洗い流すような、どこかあたたかい涙でした。


つらい……
2017-05-30 03:02:13 (1年前) No.1
悲しいね…
2017-10-12 22:25:00 (11ヵ月前) No.2
残り127文字