45:


わたしはまだ、お兄ちゃんの言おうとしている事が、分かりませんでした。
でも、一生忘れられない秘密を聞かされるのだと予感して、体が震えました。

「……俺はずっと、不審に思ってたんだ。
 なんで親父やお袋は、お前にあんなに冷たいのか。
 末っ子だったら、普通は可愛がるもんだ。
 なのに、俺は親父がお前を抱き上げているのを、一度も見たことが無い」

お兄ちゃんは、まだ中身の入った缶を投げ捨て、両手で顔を覆いました。

「俺は、こっちに来て、役所に行こうと思った。
 俺もお前も、覚えてないだろうけど、生まれたのはここでなんだ。
 役所の戸籍を見れば、はっきりすると思ってな……」

わたしの脳裏に、一つの可能性が閃きました。
あまりに思いがけない、その想像に、息が止まるかと思いました。

……まさか……!

「……だけど、役所には親戚の人が居る。
 俺が調べたら、そのことがばれるかもしれない。
 俺は考えて、考えて、F兄ちゃんに相談することにしたんだ。
 F兄ちゃんは俺を可愛がってくれてたし、
 俺たちが生まれた頃の事を、よく知ってるはずだからな」

お兄ちゃんが、こっちを向きました。
何とも言えない、泣いているような、笑っているような顔でした。

「F兄ちゃんは、俺が聞いたとき、顔色を変えたよ。
 そして、お前たちは絶対に、兄貴と義姉の子供だ、って言った。
 でも、F兄ちゃんのうろたえる顔を見たら、納得できなかった。
 しばらくにらめっこしてたよ……。
 そしたら、F兄ちゃんは根負けして、白状した」

お兄ちゃんは立ち上がって、わたしの周りをぐるぐる歩き回り始めました。

「俺が生まれた頃、親父とお袋の仲は、最悪だったらしい。
 親父は事業を始めたばっかりでな、家……その頃は今の婆ちゃんの家だけど、
 月に一度しか帰って来なかった。
 ま、今もたいして変わってないか……」

お兄ちゃんは苦笑しました。

「お袋は離婚を考えたらしいけど、俺が生まれたせいで、周りから説得された。
 親父は決して離婚に応じなかったらしいし。
 お袋は、家に籠もりきりで、お前が生まれた頃には、ノイローゼになった」

「え……?」

お兄ちゃんの話は、わたしの想像とは、大きく違っていました。

「お前が生まれてしばらくして、お袋はまた妊娠した。
 ……まったく、夫婦仲が最悪だってのに、
 なんで次々と子供を作れるんだろうな?」

お兄ちゃんの顔は、鬼のように恐ろしくなっていました。
わたしは、想像を超える事実に、打ちのめされました。

「親戚のあいだで、お袋とF兄ちゃんの仲が噂になったんだ……。
 F兄ちゃんは、絶対そんなことは無かった、って言ったけどな」

お兄ちゃんの声が、遠くから聞こえてくるように思えました。

「親父は滅多に帰って来てなかった。
 お袋は、ノイローゼで心細くて、F兄ちゃんに相談していたらしい。
 F兄ちゃんは優しいからな。
 噂を耳にした親父は、お袋やF兄ちゃんを疑って、大変な騒ぎになった。
 親父にしてみれば、お前や生まれてくる赤ん坊が、自分の本当の子供かどうか、
 分からなかったんだろう。
 俺の事だって、疑ったかもしれない。
 親父は怒り狂って、アルバムを燃やしてしまった。
 ……そんな中で、赤ん坊が生まれた」

わたしは、やっとのことで声を出しました。

「赤ん坊って……わたしの、弟?」

「そうだ。
 その頃、お袋は赤ん坊を育てられるような状況じゃ無かった。
 親戚が集まって相談して、赤ん坊とお前を、養子に出すという話が出た」

「養子? わたしも?」

「その時、親戚の中に、子供の出来ない夫婦が居たんだ。
 二人とも、子供を欲しがってたのに、子供を作れる可能性が無かった」

「……じゃあ、わたしはどうして、ここにいるの?」

「二人の希望は、赤ん坊が大人になって、自分の戸籍を見ても、
 養子だと分からないようにする事だった。
 お前にはもう、親父とお袋の子供として戸籍があった。
 赤ん坊は、その夫婦の実子として届けられた」

「そんなこと、できるの?」

「もちろん法律違反だ。
 でも、ここは田舎だ。市役所にも病院にも親戚が居る。
 みんなで口裏を合わせれば、不可能じゃない」

「……じゃあ、その赤ん坊って……」

「そうだ、Hは、俺とお前の、本当の弟だ」


わぉ…………
2017-05-30 04:12:42 (1年前) No.1
!?
2017-10-12 23:09:04 (1年前) No.2
残り127文字