166:



「やっぱり、お兄ちゃんって……モテるんだ。
 わたしが居ると、邪魔じゃない?」

わたしは「彼女」として紹介された動揺を隠そうと、
わざと素っ気ない態度をとりました。

「そんなわけないだろ? せっかくお前と遊びに来たのに、
 知らない子に邪魔されたくないよ」

「ふぅん。さっきの人にも、愛想良くしてたのに?」

「虫みたいに追い払うわけにもいかないだろ?」

そう言って、お兄ちゃんは邪気のない笑みを浮かべました。
お兄ちゃんは、その笑顔が女の子を惹き付ける事を自覚していないようです。
わたしは胸がズキンとして、ハァ、と小さくため息をつきました。

その後、デッキチェアに背中を預けて2人でジュースを飲んでいると、
UとYさんがわたしたちを見つけてやってきました。

YさんがどうやってUの怒りをなだめたのか謎でしたけど、
Uは見るからに機嫌が好さそうです。

「○○、せっかくプールに来たんや。足でも水に浸けて涼んだらどないや?」

「そうね」

「じゃあ、○○、俺は泳ぐから、タイム計ってくれるか」

お兄ちゃんは腕からダイバーズウォッチを外して、
わたしにタイムの計り方を教えてくれました。

Uの強制的な勧めで、Yさんもお兄ちゃんと並んで泳ぐことになりました。
Uは自信ありげでした。Yさんは泳ぐのが速いそうです。

Uの「負けたら承知せえへんでー」という声援に送られて、
勝負?が始まりました。

最初の一往復、お兄ちゃんはゆったりしたペースに見えました。
Yさんは力強いフォームで水をかいています。

戻ってきたのは、Yさんのほうが先でした。
わたしは予想外の結果に、ボタンを押し損なうところでした。
まさかお兄ちゃんが負けるなんて、想像もしていなかったのです。

さらに何往復かするうちに、Yさんがはっきり遅れだしました。
お兄ちゃんのペースは変わりません。

Yさんがギブアップしてプールから上がった後も、
お兄ちゃんは変わらないペースで泳ぎ続けました。

「ぷは〜、バテた。ナマったなぁ。最近運動してへんからなぁ」

「だらしないでぇ。ふだんからもっと鍛えな」

Yさんに文句を言いながらも、Uは嬉しそうでした。
お兄ちゃんがなかなか上がってこないので、UとYさんは屋外プールに、
ウオータースライダーに乗りに行きました。

少し息を荒くして、お兄ちゃんがやっとプールから上がってきました。

「お兄ちゃん、だいじょうぶ?」

「ああ、タイムはどうだった?」

腕時計を返すと、数字を読んで、お兄ちゃんはうなずきました。

「お兄ちゃん」

「ん?」

「最初の往復で、わざと負けたの?」

「あ? 別に何か懸けてたわけじゃないだろ?
 飛ばすとあとできつくなるから、ペースを守っただけだ。
 俺が負けると、悔しいか?」

「うん。お兄ちゃんは絶対一番だと思うから」

「絶対……なんてコトないよ。
 負けることもあるし、失敗することもある。人間だからな。
 生きてるかぎり、何回でもやり直せばいいんだ。
 だから、健康が一番。いつか、いっしょに泳ごうな」

「うん。来年になったら、体育できるようになる……カナヅチだけど」

「教えてやるよ。1年なんてすぐだ」

わたしは、やっぱりお兄ちゃんはわたしの一番だ、と思いました。

お兄ちゃんが背泳ぎや平泳ぎでゆったり泳ぐのを、
足を水に浸けてのんびり眺めていると、VとXさんがやってきました。

Vは珍しく、Xさんの後ろでしゅんとしています。

「どうしたの?」

見ると、怪獣の浮き袋がありません。

「いや、監視員に見つかって、怒られちゃったんだ。
 すぐに仕舞わないと退場させるってさ」

「おにーちゃんが代わりに怒られてくれたのー。ごめんなさいー」

Vは半べそをかいていました。

「ボクが止めるべきだったのに、止められなかったんだから、
 仕方ないよ」

Xさんは苦笑しました。XさんはVに甘すぎたんじゃないか、と思いました。

「V。お兄さんの言うこと聞かなくちゃ」

「うん。わかったー」

「ところで、Uちゃんは?」

「Yさんと仲直りして、ウオータースライダーに乗りに行きました」

「僕らも行こうか?」

「外は日射しがきついから、わたしはダメです。
 2人で行ってきてください」

「そう? 少しぐらいならと思ったんだけど、残念だね。
 じゃ、Vちゃん、行こうか」

お兄ちゃんがプールから上がってきたので、Vの怪獣のことを話すと、
「やっぱりなぁ」と笑いました。

「そろそろ、温泉入りにいくか?」

「うん」


仲イイィ・・・・。
2017-11-13 22:34:33 (6ヵ月前) No.1
残り127文字