229:



わたしはベッドに、そっと横たえられました。
やがて、ハッ、ハッ、と切れ切れに息が吐けるようになりました。

「だ、だいじょうぶ……」

お兄ちゃんを見上げたわたしは、一瞬驚きに痛みを忘れました。
お兄ちゃんの顔は呆然として、まるで脱け殻のようでした。

「ど、どうしたの?」

問いかけると、ハッと我に返ったように、お兄ちゃんの表情が戻りました。

「い、いや……お前が返事しないもんだから、パニクっちまった。
 す、すまん。痛かったろ?」

「痛かったけど……もうだいじょうぶ」

深呼吸するとまだ胸が痛みましたけど、浅い息はできました。
お兄ちゃんはホッとしたのか、絨毯にへたり込んであぐらをかきました。

「それより……電話、なにがあったの?」

さっきの様子は、ただごとではないようでした。

「ん……あ……それは……」

お兄ちゃんは目を泳がせて、口ごもりました。
寝る前に、わたしは本当のことが知りたい、と言ったのに、
お兄ちゃんは話してくれないのか、と悲しくなりました。

わたしが目を伏せて黙り込むと、お兄ちゃんは大きなため息をついて、
口を開きました。

「あのな……田舎からの電話だったんだ……」

そこでまた途切れたので、わたしは不吉な想像をしてしまいました。

「まさか……F兄ちゃんに、なにかあったの?」

「……違う違う。F兄ちゃんはぴんぴんしてるよ。
 電話をかけてきてくれたのも、F兄ちゃんだ」

「……?」

「実はな……田舎の家に、俺の元教え子が来てるんだ」

「え?」

「俺が家庭教師してた子だよ。
 自分のせいで俺が家庭教師クビになったって勘違いしたらしい……。
 それで親御さんと大喧嘩して、家を飛び出したんだ。
 俺に謝りたい一心で、F兄ちゃんの家に押し掛けたってわけ……」

「こんな夜中に?」

「そう。こんな夜中に。
 F兄ちゃんもビックリして事情を訊いたんだけど、
 なんせ本人が興奮しててさっぱり訳がわからない。
 俺に会いたい、の一点張りでな……。
 F兄ちゃんも困り果てて、俺に電話してきたんだ」

お兄ちゃんがげっそりした顔で苦笑いしました。

「若いって凄いなぁ……
 俺が実家に帰ってるだけだって納得させて、
 落ち着かせるのに1時間もかかっちまったよ。
 親御さんにも連絡して、今夜はF兄ちゃんのとこに泊めて、
 明日F兄ちゃんが送っていくことになった」

わたしは呆れて、しばらく返事を忘れてしまいました。

「……それは……大変だったね。これから、どうするの?」

「……参った。また俺に勉強教えて欲しい、ずっと待ってる、
 って言うんだもんな……」

「そうするの?」

「そういうわけにもいかないだろ。それだけで済むわけないしな。
 ……しかし、どうすりゃ諦めてくれるんだろうな? 参った」

内心、お兄ちゃんは喧嘩には強くても、女の子には弱いんじゃないか、
と思いました。

「お兄ちゃんが田舎に帰ったら、きっとまた押し掛けてくるね」

「う……そうだな。ハァ……。
 まだ中2だからなぁ……ハシカみたいなもんで、
 年上に憧れてるだけだと思うんだけどな。
 距離を置いておけば、そのうち熱も冷めるはずなんだが……」

「彼女は、本気じゃない、ってこと?」

「ん……本気は本気なんだろうけど、あのぐらいの年頃だと、
 まだ人を愛するってのがどういうことか、わかってないと思うんだ。
 俺もまだ、よくわかってないしな……」

お兄ちゃんの目は、昔の自分を懐かしむように、遠くを見ていました。

そう言われると、わたしも今の自分の気持ちがどんなものか、
上手く説明できるわけではありません。

自然と2人とも黙り込んでしまいました。
しばらくして、つかみどころのない沈黙に耐えられなくなってきて、
わたしは口を開きました。

「……お兄ちゃん、寒くない?
 答えのわからないことを、いつまで考えてても仕方ないよ。
 布団に入って寝よう?」

「……そうだな」

ベッドの上で2人並んで、布団にくるまりました。
横から抱きついて足を絡めると、冷え性のわたしの足より、
お兄ちゃんの足のほうが冷えていました。

「お兄ちゃんの足、冷たいね」

「お前の足、あったかいな。冷たくないか?」

「こうしてたら、すぐにあったまるよ」

やがて、本当に体中がほかほかとあたたまってきました。
大きく息を吸うと、まだ少し、胸が痛みました。

かすかな不安を胸に抱きながら、お兄ちゃんの匂いとぬくもりに包まれて、
わたしは、夢も見ない、暗い眠りに落ちていきました。


残り127文字