119:


呼び出された先は、このあいだのファミリーレストランでした。
中に入って席を見回すと、お兄さんの顔が見えました。
お兄さんはわたしに気が付いて、手招きしました。

「こんばんは」

「いらっしゃい。座って何か注文して」

わたしはチョコレートパフェを注文しました。
テーブルの上には、すでにクローズアップ写真が並べられていました。

「これは……どうやって撮ったんですか?」

「望遠レンズだから、気が付かなかっただろ?」

「はい」

自分でも気づかなかった、嬉しそうな顔、寂しげな顔が切り取られていました。

「ありがとうございます」

「お礼は良いよ。僕も、上手く撮れて満足したから。
 気に入ったのがあったら、大きく引き伸ばしてあげようか?」

「要りません……アルバムに貼れませんから」

「そ、そう……それでね、ちょっと相談があるんだけど」

「……? また、Uのことですか?」

「いや、そうじゃなくて、今日は君のこと」

「わたしの……?」

「もうわかってると思うけど、僕はカメラが趣味なんだ。
 君に、写真のモデルになってもらえないかな、って」

「…………」

まったく予想外の申し出でした。
Vなら発育も良く、かなりの美少女でしたから、納得できたでしょうけど、
わたしみたいなお子さまをモデルにしても、意味がないと思いました。

わたしが半信半疑で、お兄さんの顔を見返していると、
お兄さんの落ち着きが無くなってきました。

「あ、もちろん、裸とか、変な写真を撮るわけじゃない。
 ちゃんと衣装を着た写真だよ?」

「モデルなら、VやUのほうが良いんじゃないですか?
 Uになら、いつでも頼めるし」

「……Uはダメだよ。僕の趣味が気に入らないみたいだし」

お兄さんは意気消沈しました。

「Vさんにも、頼むことは頼んでみたんだけど……話が噛み合わなくてね」

そういうことだったのか、とわたしは内心うなずきました。

「つまり、わたしはUとVの補欠、なんですね?」

「あ! いや、全然そうじゃない!」

「……?」

また、疑問が振り出しに戻りました。
お兄さんが、身を乗り出してきました。

「君が、僕のイメージにぴったりなんだ。
 Vさんは、君を誘うのに1人だけ誘わないのはまずいかな、
 と思って誘ってみたけど、なんていうか……その……ユニークな子だね」

「はい」

「衣装をこっちで用意する、って言ったら、大喜びしてね……。
 お姫様が着るような本物のドレスを想像したみたいだ。
 それはちょっと……僕には無理だし」

「なるほど」

Vなら、大いにありそうな話だと思いました。

「君に着てもらいたい衣装というのは、これなんだけど……」

お兄さんが、1枚の写真を取り出しました。
見ると、肉付きの良いお姉さんが、奇妙な服を着ていました。

「どう思う?」

「変な服ですね」

「……そ、そう? 君、アニメとか観る?」

「テレビはあまり見ません」

「それじゃ、知らなくても無理ないか……。
 コスプレとか、コミケとか知ってる?」

「コミケ、は聞いたことあります。
 すごく大勢の人が集まるお祭りだって」

「ま……そんなもんかな。
 コミケでは、自分の好きなアニメのキャラの格好をして楽しんだりするんだ。
 それがコスプレ。コスプレをするためにコミケに行く人もいるぐらいだ」

「お兄さんも?」

「いや、僕は自分ではコスプレしないよ。カメラでコスプレを撮るほう」

話の脈絡が、なかなか見えてきません。

「……つまり、わたしがコスプレをして、お兄さんが写真を撮る……?」

「そうそう! 話が早い。
 君がうんと言ってくれたら、交通費も衣装代も食事代も全部僕が持つよ。
 僕が責任を持って、コミケまでエスコートする」

「…………」

なんだか、話がうますぎるような気がしました。
費用を負担して、わたしの写真を撮って、お兄さんに何の得があるのでしょう?

「……コミケって、すごくたくさん人が来ますね?」

「うん。20万人以上かな」

想像しただけで酔いそうでした。

「わたし、人混みは苦手です」

「あ……! それなら、2人だけで、写真撮るだけでも良いから。
 良い記念になるよ」

「記念……」

珍しい記念写真を送れば、お兄ちゃんが喜ぶかな、と思いました。


嫌な予感しかない・・・・。
2017-10-15 21:08:12 (11ヵ月前) No.1
残り127文字