192:



Yさんは怪訝そうな顔をして、立ち止まりました。

「……どうしたの? 改まって」

「お兄さんにデートを申し込んだのは、身代わりなんです」

「身代わり?」

「はい。わたしの好きな人の、身代わりでした。
 違う人とデートしたら、どんな気持ちになるのかなぁ、って」

「それで……どうだった?」

「楽しかったです。思っていたよりも、ずっとずっと」

「そう? いや……良かった。退屈してるかと思ってた」

Yさんがホッとしたような笑顔になりました。

「でも……もう、終わりにしましょう。
 このままだと、わたしの好きな人にも悪いですし、
 お兄さんに、悪いです」

「どうして? 俺は別に悪く思ってないよ」

「お兄さんは良い人です。
 ずっと一緒にいたら、好き……になってしまいそうです」

Yさんの目がまん丸になりました。

「あ! いや、それは!」

「ごめんなさい……でもそれは、2番目なんです。
 今日もお兄さんを見ながら、どこかで好きな人と比べてました。
 これは、酷いです」

「……そうか……」

わたしが見つめると、Yさんは、長い長い息を吐きました。

「ハァ……それで、もし、俺が許さないと言ったら?」

「え?」

「1日引きずり回されて、ごめんなさい、じゃ割に合わない。
 キスぐらいさせてくれなくちゃ、って言ったら?」

Yさんの顔が、ずいっと近づいてきました。
わたしはとっさに両手で口を覆って、一歩後ずさりました。
Yさんはその場を動きませんでした。

「あ……ご、めんなさい」

「アハハハハ……ウソさ」

「……ウソ?」

「初めてうろたえたね。
 今日はずっと君にペース握られっぱなしだったから、
 ちょっと癪に障ってたんだ。
 今のでおあいこ、ってことにしよう」

わたしはまだ、心臓がどきどきしていました。

「ひとつだけ忠告しておくよ。
 気安く思ってくれるのは嬉しいけど、
 そんなうるうるした目で無防備に男のそばに来ちゃいけない。
 黙って不意打ちでキスされちゃうぞ」

「あっ、ありがとうございます」

「アハハハハ……ハァ、何言ってんだろうね、俺は」

Yさんは自嘲するようにつぶやいて、歩きだしました。

「お兄さん、待って」

「え?」

立ち止まって振り返ったYさんに、歩み寄りました。

「顔を前に出してください」

「え、なんで?」

言いながらYさんは頭を下げました。

「目をつぶってください」

「なんなの、これ?」

Yさんは目蓋を閉じました。
わたしはYさんの頭を両手ではさんで、頬に口づけしました。

「……!」

Yさんの目がパッと開きました。

「○○ちゃん?」

わたしは飛び退いて、言いました。

「ふふふ……お兄さんも、無防備ですね。
 でもさっきは、格好良かったです。
 今のキスで、許してください。これ以上は、無理です」

「あ、ああ……アハハハハハ、許す許す。
 ……あーあ、○○ちゃんには勝てそうにないよ」

バス停まで来て、気が付きました。

「お兄さん、自転車はどうするんですか?」

「今日は置いて帰るよ。荷物持ちとしては、送っていかないといけないし」

「2人乗りして行きましょう。置いておいたら、盗まれるかもしれません」

駐輪場に行って、自転車の荷台にカーディガンの包みを敷きました。
座布団の代わりです。

Yさんの腰につかまって、アップルパイはわたしが膝に載せました。

「お兄さんの家に、先に行ってください」

「俺の家に?」

「アップルパイ、Uに届けなくちゃ」

「U、居るかなぁ?」

「絶対居ます」

マンションの少し前で自転車を停めてもらって、
わたしは1人でアップルパイを持って行きました。

ロビーの中を覗くと、予想通り、Uがうろうろしていました。
Uがわたしに気がついて、外に出てきました。

「U、こんな所で何してるの?」

「……なんでもあらへん。アンタこそなんで1人やねん?」

「これ、お土産。アップルパイ。後で食べてね。
 お兄さんはこれから、わたしを家まで送ってくれるんだって。
 安心して、すぐに帰すから」

「心配なんてしてへん!」

「それじゃ……」

Uが追いつけないくらい遠ざかってから、
わたしは振り向いて大きな声を出しました。

「お兄さん、とっても優しかったよー。
 わたしの手を引いてくれたし、キスもしたしー」

「なんやて!」

「詳しいことは、お兄さんに聞いてねー」

わたしが荷台に乗ると、Yさんは全速力でこぎ出しました。

「○○ちゃん……酷いよぉ」

Yさんの声は、泣いているようでした。

「うふふ……全部言えば、誤解は解けますよ」

わたしは風を切りながら、はしゃいでいました。


男たらしだなぁ
2017-07-22 07:06:14 (1年前) No.1
残り127文字