303:



「いま終わったところです」

「えっ、もう?」

先生は驚いた顔をして、答案用紙を取り上げました。
回答欄はぜんぶ埋まっています。
5教科分を2時間余りで終わらせたので、肩がひどく凝っていました。

先生が黙って答え合わせをしているあいだ、
わたしは目をこすって休んでいました。

「……授業に出ていないのに、どうしてほとんど満点を取れるの?
 家庭教師を頼んでいた……わけじゃないのね」

先生は困惑したように首を傾げました。

「そんな体力があったら、毎日学校に来ています」

「それもそうね……まあ、これなら問題ないでしょう。
 疲れているのに悪いんだけど、進路希望調査も書いちゃってくれる?
 ○○さんはまだ一度も出してないでしょう?」

「はい。……保護者の印鑑はどうしましょうか?」

「本当は判子がないとまずいんだけど、仮に、ってことでいいよ。
 用紙をもう1枚渡しておくから、家で判子を押して貰ってきてくれる?
 三者懇談の時にでも持ってきてくれたらいいから」

父親や母親に話をしなければならない、と考えただけで憂鬱になりました。
その表情の変化を察したのか、先生が気遣わしげに尋ねてきました。

「……ご両親は今まで懇談に来てくれたことがないんだけど、
 大丈夫かな?」

「父と母は仕事が忙しくて来れないかもしれません。
 社会人の兄が居るんですけど、兄では駄目ですか?」

「そうね……その方がいいかも。
 懇談の日時はなるべく希望通りにするから、お願いね」

担任の先生には家庭の事情を説明していませんでしたけど、
わたしの家庭のことは、職員室で噂になっていたのかもしれません。

「わかりました。
 それで、進路なんですけど……一番近い高校はどこですか?」

受験生としては異常ですけど、受験に関心の薄かったわたしは、
近くにどんな高校があるのかも知りませんでした。

「**高校ね。もっと上のランクの高校でも狙えるけど?」

**高校は平均レベルに位置する公立高校でした。

「体力的に遠くまでは通えません」

進路希望調査票に、**高校と記入しました。

「私立を受ける気はないの? 公立単願でも問題ないとは思うけど」

「私立は学費が高いですし、親に負担を掛けたくありません」

「そう……感心ね。もう帰っていいよ」

「失礼しました」

結局その日は、授業を受けずじまいで下校することになりました。
下足箱のところまで行くと、hさんが居ました。

「あれ? ××さん、来てたんデスカ?」

「あ、うん。進路希望調査で呼び出されてて」

成り行き上、この日も帰り道はhさんといっしょでした。

「××さんは、どこを受験するんデスカ?」

「**高校」

「えっ! **に?」

「**だと変?」

「……わたし、そこは無理だって言われマシタ……」

hさんはあまり成績が良くなかったようです。

「わたしも受かるとは思ってない。どうせ浪人するつもりだし」

「受かる見込みがなかったら、最初から受けさせてくれマセンヨゥ……」

進路のことで悩んでいたのか、hさんはしょげかえってしまいました。
わたしはどうフォローしていいのかわからず、分かれ道に辿り着くまで、
なんとも居心地の悪い思いをしました。

帰宅してすぐ、わたしはお兄ちゃんにポケットベルで連絡を取りました。
お兄ちゃんが出て行ってから、話すのは初めてでした。
なにか事件でもあったのかと心配したのでしょう。
程なくして電話がかかってきました。

「○○か? どうした?」

「お兄ちゃん、元気?」

「もちろん元気だ。お前は?」

「なんとか学校に行ってる。
 それで……お兄ちゃん忙しいと思うんだけど……
 三者懇談に出てくれないかな……って」

「俺が? ……ああ、そうか。親父たちじゃアテにならないわけか」

「お父さんとは、口を利きたくない」

父親に話しかけることを想像しただけで、胸が悪くなりました。

「ん、わかった。いつだ? なんとかして時間作るよ」

わたしは三者懇談よりも、お兄ちゃんに会えるのが楽しみでした。


広告じゃま
2016-04-30 16:39:51 (2年前) No.1
残り127文字